2014年8月22日 (金)

Facebook

今さらですが、杉山製畳のFacebookをリンクしましたcoldsweats01

始めたのが昨年の10月ですからもう少しで1年になります。
ブログもFacebookもたまに書く程度ですが・・・。

リンク先から行けますのでどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

横手ゴザの作り方

先日のテレビ放送があってから、たくさんの注文を頂きました。
ありがとうございました(^_^)/

呼び方はこのあたりでは横手ゴザ! 他にも背負いゴザとか日よけゴザという言い方もあるようです。

そこで、自分で作ってみたい方に簡単ですがひととおり流れを載せてみます。参考になればと・・・。

まず、畳表を幅50センチ×長さ75センチに切ります。
だいたいの寸法で結構です。
寸法はそれぞれの体格に合わせて調整してください。

S201480983

切りましたら畳の縁を、四方ミシンで縫いつけます。
縁でなくても布でもOKです(一般の方は布のほうが付けやすいでしょう)

S201480999

縫いつけが終わりましたら背板が付く部分を15センチ曲げます。
補強の意味合いがあります。

S201481004

そこに「補強と位置決め」の板をこんな感じで置きます。
ゴザの幅に対して板が中心にくるよう割り振ってください。
板の狭いほうの幅は80ミリ、板の長さは穴間が確保できれば何センチでもOKです。 穴ー穴間はそれぞれ75ミリと200ミリ。
穴径は8Φ。穴が大きいと背負う紐が戻ってしまうのでキツメくらいが良いです。

S201481010

次に、穴の中心にマジックで印を付け・・・。

S201481012

カッターで穴の中心をイグサの目に沿って切れ目を入れます。
紐が通れば良いので2センチ程度。
折り曲げた方は裏側のイグサまで切れ目を入れてください。

S201481015

※ 補強の板は当店では「プラダン」という中空の物を使っています。軽くて水に強くなおかつ強度もそこそこある。地元のお年寄りは竹を使って作るようです。

そのプラの板に縁で作った紐を通します。
穴が8Φですから通すのに少し大変ですが千枚通しや細いドライバーを使えば出来ます。

S201481019

背負う紐は縁をミシンで縫って幅3センチほどに仕上げてあります。

S201480003

紐を通す時は撚れに気をつけてconfident

S201481024

上側は通りました。
下側は先にゴザに紐を通して、その後にプラの板に通します。

S201481032

これでほぼ完成です。
あとは体格に合わせて紐の長さを調整して縛ってください。
プラの板の角は落としておきましょう。
紐の末端も長さをそろえ、ほつれないよう処理すれば完璧(^^ゞ

S201481041

どうでしょう?

簡単でしょう(*´ェ`*)

作ってみたい方、
古ゴザと縁は無料で差し上げます(数に限りあり)

さらにアレンジして使いやすい横手ゴザを作ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

価格の見直し

たいへんご無沙汰です(^^ゞ

前回のエントリーからすでに4ヶ月以上経ってしまいましたconfident

年度も変りましたので新たな気持ちでやっていきます。

ところで、価格の見直しをしました。

消費税が8%に上がったのもありますが、それ以上に畳表の相場が高騰していますので「商品価格に対しての畳表の質」という観点から価格を変更しました。

あくまでも「値段に見合った畳表」を提供したいということです。

現状では国産畳表の相場がかなり高く、ある程度の品質ですと表替えの場合、優に1万円を越えるレベルになっています。

これは当店でなくとも普通の畳屋さんであれば同じだと思います。

草質の良いもので織った畳表はあるていどの金額になり、そうでない品質の畳表はそれなりの値段に^^;

昨今、よほどの粗悪品以外は見た目ではまったく判断できないのが畳表です。

信頼できる畳屋さんを見極めましょうcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

とりあえず3枚だけ

お客様によっては、仕事をはじめる「日にち」にこだわる方もいます。

よくあるのは大安の日とか。

今回は特にそんなこともありませんでしたが、仕事の初日に3枚だけ表替えヾ(´ε`*)ゝ

S2013110053

荷物が沢山あるので少しづつ移動しながらの作業になりますが、場所が焼津ですので時間的な制約があり1日に出来る枚数も限られます。

で、昨日入荷したばかりの内川さんの「ひのはるか」を付けてみました。

これがなかなかで、付け上がりが素晴らしいlovely

写真ではかなり青く見えますが、実際は落ち着いた色合いでこういうの好きです(^^ゞ

畳表の判断基準のひとつに品位とか品行なんてのがありますが、この内川さんの畳表は品位がある!

焼けてどうなるんだろう?
耐久性もありそう。

客間にはぜひオススメです。

あと8枚のみ!
早いもんがちですよhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

なかなか良いじゃん!

今年は近年になく国産畳表が高騰しています。

秋頃から相場の上がり方がup

収量が少ないとか生産農家が減ったとかいろいろと原因はあるようですが、どうもそれだけではないようで・・・。

「無いものねだり」がさらに・・・そんなこともあるのかな~とも^^;

そんな中、ひじょう~に良い畳表が入荷しました。
内川秋敏さんが作った「ひのはるか」。

S2013110050

いわゆる「麻綿W」という畳表で織り・草質とも上々。

S2013110035

問屋さんが強く勧めてくれたので仕入れてみました。
実入りもよく、カチッとした仕上がりでクロート好みかも(*´ェ`*)

S2013110037

当店で上級品として提供していますが、今の相場ですとこのくらいの価格になってしまいます。

今日、50枚入荷ですがすでにあと8枚のみとなりました。
一軒のお宅で42枚使いますconfident

8畳間の張替えのお宅、ぜひどうぞ!
このレベルの畳表でしたらどんな部屋でも使えます。

ただし、畳床がシッカリとしていることが必要ですw(゚o゚)w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

こんな事もやります

畳の張替えで伺うとたまに「畳がへこむから新しくして」・・・なんてことがあります。

ある一部の場所だけへこむ。

白アリに食われて畳床がボロボロになってへこむこともありますが、へこんだ所が戻る場合はたいがい床板が悪い。

それもコンパネを使った床。
杉板ではよほど湿気が多い場所ならともかく、そうなるもんじゃあない。

で、今回は畳替えといっしょに床板の張替えも施工しました。
普通は大工さんの仕事ですがヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

築30年も越えるとコンパネはだんだんと「生」が無くなってペナペナになります。合成糊でラワン合板の薄いのを何枚も張り合わせているので経年変化でそうなる場合もある。

特に、コンパネの出始めの頃のはそう。

それで、受けた以上畳屋としてもちゃんとした仕事をしなくてはならない^^;

ところが、これが難儀しましてcrying

手順としてはそれほど難しいことではありませんが、コンパネを剥がすのにかなり手間が掛かりました。

一般的に新築の場合、床は最初に張ります。
そのあと敷居や畳寄せを。

今回の場合は畳寄せの下に入りこんでいるコンパネがどうしても外せない場所がありまして、ドリルで揉んで回し引きでそこを逃げて切るという高度な技を使いました(笑)

冬なのに汗びしょびしょ!

S2013110157

他にもクギがなかなか抜けなかったりと予想以上の時間が掛かりました。

S2013110156

ある意味、ヘタな大工さんより上手くできたような^^;

床を張り終えたのは・・・外が真っ暗な時間!

S2013110158

S2013110169

それから畳の敷き込み。
かなりの手直しをした畳はまずまずの納まりでした。

S2013110173

今回使った畳表は熊本の生産農家が作った「麻引き」。
対価格からみても十分な商品だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

新草入荷

例年になく畳表の在庫が減ってきたので、今年採れた新草で織った畳表を手配。

梱包を開ける時はワクワクします(笑)
自分のイメージと同じだったらlovely

そうでない場合はcryingの場合もあります。

まあ、今回はまずまずということでconfident

作馬さんの織った「ひのはるか」
問屋さんの「草質はかなりup」とのことでしたので仕入れてみました。

織りもまずまず、草もまずまずで合格です(笑)

S2013110121

生産者のラベルとQRタグ、他に判子も各種押してありました。
熊本産の証明となります。

S201311003

消費者の方は畳表を選ぶ時に、これをひとつの目安にして下さい。
あくまでも目安で畳表の良し悪しは別です。

昨今、いろんな畳表が出回っています。
中国産、純国産。イ草の品種もさまざま。

値段との折り合い、使う頻度などで一番合った畳表を選択してください。

このあたりの案配(塩梅)が難しいんですが、当店では適切なアドバイスをしますので(*´ェ`*)

※ この畳表は当店の中級品として提供しています。
  今日現在の畳表の相場からするとかなりのお買い得品!
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

こんなにも早く

静岡と言えば「お茶とみかん」の産地。

かつてはどちらも日本一と言っても良いほどの生産量と知名度がありましたが、最近ではそれも・・・。

まあ、それはともかくとしてそのみかんとお茶。

食べても飲んでもウマイマズイがすぐ分る。
まずけりゃあ「こんなのダメ」とその場でつき返すこともある。
結果がすぐ出ます。

ところが畳表の場合はどうか?

これがひじょ~に難しいところで、少なくとも半年。
まあ、半年で結果が出たらそれはもうダメな畳表です。

ようは「結果=ムケテしまう。

S2013918_2

かつての格安の中国産だったら2年そこそこでこうなっても不思議ではない。ところが国産のある程度の畳表だったら話しは違ってくる。

この場合の国産とは熊本のイ草農家が栽培から製織まで一貫したものです。

で、2年そこそこでこんな状況になりましたが、当店で自信を持って納めた畳でした。

おそらく大抵の畳屋さんが見ても「まあ、これなら大丈夫でしょう」と思われるほどの畳表。

某問屋さん経由で熊本でもそこそこ名前が知られていてブランドのラベルもちゃ~んとしたのが付いていました。

しかも在来品種で赤も少なく織りも綺麗。
ヒゲも長かったしね(^_^;)

これはかなりショックです。

使い方にもよるので一概にこうだとは言えませんが、経験上このランクの表だったらこのくらいの耐久性はあるかな・・・と、いちおうの目安はあります。

残念なことにその目安からかなり外れてしまったthink

この場合「あの畳屋は粗悪な物を入れた」と思われてもしょうがない。

じつは、納品から2年ほどして裏返しの依頼があって伺ったところこの現状でした。

2年あまりで裏返しとは早すぎと思っていましたが、なるほどとw(゚o゚)w

その時は裏返しをして代金は頂きませんでした。
裏も使ってみて様子を・・・。そんな思いがありましたので。

それからさらに3年チョット。それがまた当店に依頼がΣ(゚д゚;)

普通なら「あの畳屋はダメだ」と他にあたるのが普通かと。
寛大というかなんと言うか3度目も当店に。

ありがたいことです。

で、今回はこれなら大丈夫と「園田さん」の麻綿Wの畳表を使いました。もう、すぐにムケてしまうことは無いでしょう。

S20139004

イ草で作られた畳表は農作物ですからその年によって出来不出来があったりするようですが、畳屋としてはそれも踏まえた上で目利きを養っていかなければなりません。

それがひいてはお客様の為に!
もちろん自分自身のためにもなります。

あるイグサ農家のブログに「敷物としての使命」なんてことが書いてありました。生産者みずからこんな思いがあるとは驚きましたが、そのとおりです。

畳表=敷物ですから・・・「持ってナンボ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

新草

ごぶさたです^^;

だいぶ間が空いてしまいました。

神社の祭り事がやっと終わりヤレヤレといったところです。7月~9月に二つありまして、つい先日秋の例大祭が終了!

ある意味一番めんどうな役柄でしたので終わって一安心です。

ところで、手配しておいた畳表が入荷しました。
今年採れたイ草で製織した畳表です。

かつては「年内はひね」(昨年度産のイ草で織った畳表)でしたが、最近はそうでもなく10月前後には新草で織った畳表を使うようになりました。

特に、今年の場合は昨年度産のイ草の原草の消化が早かったらしく農家も新草を出してくる割合が多いとか。

まあ、新草で織った畳表もいろんなのがありますから良し悪しを見極めないと(^^ゞ

今日届いたのは熊本の園田さんが作った縦糸が麻綿Wという物で、ランクとしてはけっこう上かな。

折ジワがつかないように6枚づつをロール巻きにして送ってきました。

S20139_0033

当店でよく出るクラスよりは上の物です。
品種は在来?でしょうか。

S20139_0035

さっそく明日使ってみます。

糸引き表、麻引き表の畳表も順次入荷しますので国産にこだわる方、ぜひどうぞscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

裏返し

ここひと月半で、普段の年の1年分に相当するほどの量の裏返しをしました。

たまたまこの時期にそんな仕事が集中したわけですが、最近では珍しいことです。

以前は新畳を納めたとか表替えをした数年後に裏返しをやったもんですが、もう少なくなりましたthink

近頃では借家でさえ畳表を新しくするのが当たり前のようになっています。

そもそも「裏返し」を知らない、また間違った解釈をする人もいます。

嘘のような話しですが「畳表をひっくり返して裏を使う」と言ったところ畳を上げて今までの床面側を上にし畳表が付いている方を下にしたなんて落語の小話に出てくるようなことが本当にあったりして・・・。

さらに「裏返し=表替え」ということも(汗)

まあ、かつてのように家の庭先で畳替えをしていた時代なら馴染みはありましたが、今ではそんな風景を見ることもなく店に持ち帰って仕事をしますので無理はないのかも^^;

で、裏返しの年数ですが畳屋さんによってマチマチ。2~3年だったり5年前後だったり。あくまでも返して綺麗になる年数です。

当店の場合は状況によってはさらに経過した施工もします。
今回は施主の意向もありましてけっこう年数が経った裏返しをしました。10年~12年、さらに昨日の裏返しは築20年目で初めて!

これがビックリするほど綺麗になりまして、まだ着色していた頃の畳表で在来品種のわりとシッカリとした畳表でした。

S070

※ 丈、幅もだいぶ隙間がありましたが修正。しかもスミゾ(畳屋さん用語)がありましたのでそれも手直し。

S066

多少の滲みがあっても良いという話しでしたが、それもほとんどなくベッドの足の凹凸の跡は少し残りましたが霧を吹いて手直し。

リーズナブルな金額で大掃除も兼ね裏面を使う!

ところで、たかだか裏返しですが以外にも仕事の仕方で仕上がりに差が出ると思うのは私だけcoldsweats01

最近主流となっている建材床ではそうでもありませんが、ワラの畳床の場合は前の畳屋さんの施工によってはチョット気を使うことも・・・Σ(;・∀・)

特に「平刺(へりを逢着すること)」がなんだかな~とsweat01
機械の使い方が上手くないのか気にしないのか^^;

機械といえども基本は手縫いですから、そこを考えるとね~。

酷い場合は刺し膨れなんてことも。
そんな場合でも当店では極秘の技術で対応します(大笑)

それから、引き取りの当日家具を移動したら穴がdownあったことも。
普通なら「こりゃあダメだ、全部張替えですね」になりますが、これまた何とかしてしまいます。穴の開いた畳は店にある古ゴザの程度の良い裏白の畳表を使います。色を合わせて納めました。

Simg_0106

Simg_0110

左が今まで付いていたもの。右は当店にあった古ゴザの裏白表。
色目はほぼ同じ。状況によってはこんな直し方もあります。

表替えの半分くらいの予算で出来ますので、ぜひ裏返しをどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

市松表 

たま~に出る市松表。
年に数えるほどしか注文が無い市松表!

S20134_0005

こちらから積極的に勧めてはいないせいもあるのかもcoldsweats01

その市松表で表替え。全部の部屋^^;

S20135_0054

「国産で」とのことでしたので産地問屋から送ってもらいましたが、市松表の生産者も少なくなったんだろうか・・・。

S20134_0026

結果、選択支は限られてしまいます。

国産の市松表で表替えをした場合、そこそこの金額になります。
その時の相場にもよりますが、当店の場合ですと9千円~くらいかなsweat01

中国産ですともう少しお安くできます。
以前、使った四川産の市松は国産と比べても遜色ないどころか、こっちの方が上と思うほどでした。

価格を抑えて、でも市松表というなら中国産もありかなと思います。

チョット雰囲気を変えてみたい方、ぜひどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

こんな仕事もあるんです

まあ、年に一度くらいは当たる雑な仕事。
人様のやった仕事に対してどうこう言うつもりはありませんが、それにしてもどうしちゃったんでしょう?

寸法の取り間違い?(かなり良い取り方ですが)^^;

確かに家の施工そのものもチョットな~と思うこともthink

6畳間で親指が入ってしまうほどの隙間があったんでしょう。
それを直してはありますが無理やり直してあるというか(汗)

幅も丈もそうなっている。
二間とも同じようでした。

「まあ、良いっか」

表替えでタンスもある部屋ですので、半分仕上げてから残りの寸法を取り直して納め。長さ方向、幅も修正してなんとかι(´Д`υ)アセアセ

それにしても畳寄せの出入りが激しいこと(゚Д゚)ハァ?
1尺刻みで取らなければならないほどでした。

S20135_0016

※新聞紙で全面包んでありました。
麦の畳床ですから虫の出るのを恐れたのかも。
20年位前までは中国産の麦の畳床が流通していましたから・・・。

S20135_0001

S20135_0014

最初がかなりの状態でしたので完璧には直せませんでしたが、仕上がり度90%^^;

当店の場合は隙間・段差は無料で直しますので。
と言っても普通の畳屋さんでしたら特別なことでなく当たり前にすることですから・・・。

ところで、連休中はみなさんいかが?
当店は3日まで続けて仕事の予定が入っていましたので4日から休みです。とはいえ、昨日の4日は伊豆までバイクを運んで行きましたのであまりノンビリとは出来ません。

この後、お茶刈もあったりと何かと忙しくなりそうですsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

大安!

仕事始めにこだわるお客様はたまにあります。

「大安のこの日」という依頼でしたので、今日から始めましたがこちらの都合で2枚だけ^^;

S028

昨日、引きあげてきて仕上げておきました。
雨が降る前の朝一で納め。

これで今日の大安の日から仕事に手を付けたということになります。
取っ掛かりが大事ということでしょうか(^^ゞ

20年以上酷使された畳表は凄いことになっていました。
いろんな諸条件が重なった結果ですが、使い切った!・・・そんな感じですconfident

S030

黒色のヘリだと思ったら・・・緑系。剥げたんですねsweat01

Simg_0215

もう、こんな使い方はしないようなので今までと同じ糸引き表を付けました。品種は「ひのはるか」。

Simg_0223

生産者は河野さん。この畳表ですが織りがすごく綺麗で突き出しは短いものの草質はまずまず。熊本の問屋さんから「とにかく使ってみてくれ」と勧められました(^^ゞ

付け上がり(仕上がり)は思った以上(へり際が綺麗なんです)。

このクラスの畳表はほぼ中国産で占められていて、国産は苦戦してるんだろうな~。あえて国産を使う畳屋さんもそうはいないのでは。

当店の並品として提供していますが、値段からいってもお買い得になっています。残りはあと40枚ほど。お早めに~ヾ(´ε`*)ゝ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

復帰第一弾!

ご無沙汰です(^^ゞ

2ヶ月ぶりですか・・・。
元気ですよ!

気がつかないうちにココログのログイン画面が変わっていてバタバタしてしまいました。

昨日はネット経由のお客様の仕事。

岡部町ですから当店からですと少し離れていますが、十分エリア範囲内ですし、仕事でも何度行っていますので遠慮なくどうぞ(^^ゞ

畳の大きさが本間(メーターモジュール)のため一晩借りることに。
普段、あまり出るサイズではないので在庫分では足りなくて問屋さんに手配(その当日持ってきてくれてビックリ!)

お客様も感じの良い方で、気持ちよく仕事をさせてもらいました。

仕事が終わったあとの仕上がり具合をワンコが見てます(笑)

Sdog

※足跡柄のヘリのバッグを差し上げました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

ひね

地域によっては使わないかもしれませんが、このあたりでは使う言葉。

「ひね」・・・古い、そんな意味で使います。

その「ひねの畳表」をただいまお買い得品としてお出ししています。
新草のような青味はありませんが、色目も落ち着いて良い感じです。

通常価格よりだいぶ値下げしてます(^_^;)

糸引き表・麻引きそれぞれあります。
コストパフォーマンスはかなりup

賢い消費者はぜひどうぞconfident

といっても在庫はあと少しになりました。
お早めにどうぞ!

Simg_0140

※今日納めた畳に使ってみました。借家として使うにはもったいないほどの畳表です。

ところで、この部屋は2階なんですが長い階段があります。
しかも重いワラの畳を16枚!
この寒い時期なのに汗ビッショリ(ToT)/~~~

借り主の若い子が手伝ってくれましたが、1枚上げただけで・・・coldsweats01

かつぎ慣れた畳屋でも大変だから無理もないかdash

Simg_0136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«古新(ふるざら)