« 4年物の畳表 | トップページ | お盆休みですが・・・ »

2007年8月 8日 (水)

格安チラシの高級国産表とは?

先日、全国展開の「畳・襖」のチラシが入っていました。例によって「本日より3日間 先着・・・」と。

まず表替え 「通常5,000円→2,700円」。 安いです。この値段で出来るならどんな畳表(中国の最低品)でも迷わず注文しましょう(笑)

当店は市内でも安い方ですがそれでもこの価格は無理。一般の畳屋さんでは裏返しより安いんじゃないかな。

次・・・(^^♪

「国産高級表(熊本産表) ズバリ3,200円 50名様限定」 ・・・思わず飛びついちゃう(~_~;)

一般の消費者は「国産 高級 熊本」と、うたってあれば国内で栽培されたイグサを国内の農家の方が製織したものと思うでしょう。

ところが国産畳表とは→ 「国内で製織された畳表は中国産イグサを使っても国産」なんです。変な話でしょう?

だから一般の方がイメージしている「国産畳表」と実際は違うこともあります。

そこで、この国産高級表が3,200円ですが畳屋さんからすると国産高級表とは熊本天一表でいえば「特」クラス。もしくは「ひのさくら ひのさらさ」クラス。

ということはこの価格はありえない値段です。畳屋さんがイメージしている国産高級畳表では無いでしょう。でも素人の方には中国産か国産の違いなんて分からないだろうし、最近の中国産は凄~く綺麗だし(困ったもんです)

もし、本物の国産高級畳表がこの値段ならうちが注文しちゃおうかな(笑) 

|

« 4年物の畳表 | トップページ | お盆休みですが・・・ »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

『国産』というのは
本当にわからないものですね

日本人の大好物の“マグロ”

例えば、二隻の船が隣り合わせにマグロ漁をしていたとして・・・

船籍(人間の国籍と同じですね)が
ひとつは日本、もうひとつが台湾として

そのマグロの産地は・・・
船籍が日本の船なら日本産
台湾なら台湾産となるのです。

海はひとつしかないのになぁ なんて思うんですけどね

ミッタンさんの意図とは少し?ずれてしまいましたが
『国産』という言葉から
そんなことを、ふと思い出してしまいました

投稿: うりこ | 2007年8月 8日 (水) 23時06分

マグロの話、なかなか面白い発想です。そういう事もあるんだなと妙に感心しました。

ただイグサの場合、チョット違います。

中国産であっても国産畳表と同等のレベルであれば、中国だ国産だという問題はありません。あえて国産にこだわる理由もなく中国産でも十分でしょう。

ところが耐久性においてはまだ中国産は国産に及びません。半年で皮がむけてしまったものもあります。
あとは農薬の問題もあります。 向こうではどんな物を使っているのか分かりませんし残留性も不明。 

現在国内で流通している畳表は

・中国産(中国でイグサを栽培し中国で製織した畳表)
・純国産(あえて純としたのは日本国内で栽培したイグサを       国内で製織)

・まぎらわしい国産(中国産イグサを日本国内で製織)
↑ここなんですね~。問題は。
イグサは中国、製品となれば国産になってしまう。
何故? 変でしょう?

日本国内のイグサ栽培農家はどう思っているんでしょう。
このあたりを明確にした方が良いと思うけど。
「原産国表示」をしたらどうなんでしょうね。

畳屋も、末端の消費者も納得して選択できるから。


国産高級畳表がすぐ剥けちゃったらそれは中国産イグサかもしれない。


 

 

投稿: 杉山製畳 | 2007年8月10日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/16050520

この記事へのトラックバック一覧です: 格安チラシの高級国産表とは?:

« 4年物の畳表 | トップページ | お盆休みですが・・・ »