« おいべっさん | トップページ | スピーカーネタ、第3弾! »

2007年10月31日 (水)

畳よせが~~~な風に

今日のアパートの仕事の事ですが。

築20年以上でフルリーフォームといった感じ。内装はもちろんキッチン、トイレ、風呂すべてリニューアル。

そこで畳も。 6畳間×4。

寸法を取ろうと思ったら・・・畳寄せが曲がって(かなり)というより波打っていると表現したほうが良い位。3尺の定規を当ててもピッタリ付かないどころか真ん中が引っ込んだり、ギッタンバッタンとシーソーのようになったり。わかる? 

この辺りでは畳の寸法は、いわゆる五八。巾が2尺9寸、長さが5尺8寸。これが基準です。この寸法から多少の大小はあります。

普通、寸法を取るにはこの2尺9寸刻みであたっていきますが今日の6畳間は1尺間隔。場所によってはもっと短い間隔で寸取り。

ぱっと見ただけでも畳寄せが出たり入ったりと。それにしても酷いな~。どういう仕事すればこうなるの?と思うほど。通りをキチット出そうとは思わないのかね~。素人でもこんな風にはならない(もしかして素人以下)

こんな状態でもきちっと入れるのが畳屋の仕事。

在来工法でなく軽量鉄骨だから柱も無く寸法は簡単だと思ったんですが・・・。おかげでかなり時間を食いました。

|

« おいべっさん | トップページ | スピーカーネタ、第3弾! »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/16933978

この記事へのトラックバック一覧です: 畳よせが~~~な風に:

« おいべっさん | トップページ | スピーカーネタ、第3弾! »