« 麦の畳床・・・虫食い | トップページ | 天一表 4番(綿) »

2007年11月11日 (日)

QRコード

Statamiqr 初めてですね~、こんなのが入っていたのは。

最初は「なに? なんか挟まってるね~」と。

よく見たら「QRコード」付きのタグです。

直販ブランドの畳表は出所(生産者)が分っていますが、それ以外(市場経由)はシールやラベル、畳表に押されたハンコで判断します。

聖さんの「熊本天一表」は生産者もはっきりしているので心配は無いんですが、市場経由はチョット不安に思うこともあります。

国産表でも最近流行りの「偽装」もあるように聞いていますので・・・。

そこでこんなQRコードができたらしい(産地偽装を防ぐ為)

生産者の情報も末端の消費者が知ることが出来る。

畳屋もこんなのがあると何となく安心です。まだ熊本県の畳表に限るようですが。

これもある程度の畳表に限ったことで、下物(下級品)には付かないんだろうね(このあたりは未確認)

食品は原産地表示が義務付けられていますが畳表もそういう時期に来ているんじゃないかな。国産畳表が生き残っていくには必要だと思う。

このあたりはイグサ栽培農家(生産者)はどう考えているんだろう? 中国産と純国産の差別化をハッキリしたほうが良いと思うんだけど。今は曖昧なところ(中国産のイグサを日本国内で製織→国産表になる)があるから。

いかがでしょう?生産者の皆さん!

↓ QRコードのタグはこんなふうに挟まっていました。

Statamiqr2

|

« 麦の畳床・・・虫食い | トップページ | 天一表 4番(綿) »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

挟まり方がいいですね。とってつけたって感じで。
本当にあの模様から情報を読み取る技術には驚きましたよね。二次元バーコード恐るべし!!
今週末、68歳の父がその二次元バーコードの印字されたプリントを持って羽田空港にて自動チェックインをする予定です。私でさえもまだ慣れないいシステムなので、ちょっと心配。でも、ほとんどの空港が、国内線での自動チェックインシステムを導入しています。技術は進歩するも人の頭は……。まあ今のところ口と耳と目があればあとは何とかなるか。

投稿: じんじん | 2007年11月18日 (日) 12時14分

先日は携帯をお借りしてありがとうございます。

あのあと再度読み取り、見難いのでパソコンから見てみました。

そうしたら「JAやつしろ」のHPに飛んでそこに生産者の紹介がありました。
40名余りの生産者の顔が見れましたが、このQRコードと畳表との関連?が薄いような・・・。

ようするにQRコードの情報=生産者の情報そのものでは無い。

あくまでもQRコード→JAやつしろのHPが見れるということ。

もう少し期待はしたんですが、まあ現状ではこんなもんかな。
何も無いよりは良いでしょう。

添付されてる「ラベルとハンコとQRコード」で1セット。
これで偽装はないものと思えば良いのかな。


投稿: 杉山製畳 | 2007年11月18日 (日) 20時57分

これは最期の砦感覚だったと思うのですが
染土の埃などで読み取りにくいという話があります。
もうできる、もうできると言われながら、話は進展していなかったのですが、いきなりバチコ~ンなエントリーでした。

できれば携帯でピピッとやって、そこに顔写真と住所が出ればいいのですが。
直販させないように住所は無理かな・・・・・

だから関連が希薄なのでは?と思います。

私がやるとすればステッカーに添付すればいいですよね。
いつかやろうかな。

投稿: せい | 2007年11月20日 (火) 13時00分

せいさん、こんばんは。

このQRコードですが読めないものもありました。
一番状態の良いもので読み取れました。

確かに「顔写真と住所」が出れば「ナルホド」と思うでしょうが現状では半分納得。

これの偽装(偽造)はないんですかね~。
疑ったらキリがないけど。

ところでこのQRコードは「JAやつしろ」だけのものですか?

投稿: 杉山製畳 | 2007年11月20日 (火) 22時35分

よくはわかりませんが、多分熊本の農家が対象だと思います。

QRタグがJAやつしろに直結したのは「JA直販部」かもしれません。
実験段階だったのかもしれませんね。

とは言え、あいかわらずJAのやることは少し抜けていますが。

偽装は・・・・あるでしょうね。

投稿: せい | 2007年11月20日 (火) 23時02分

かつては畳表の偽装なんて考えられなかったんですがね~。食品と違って口に入るもんじゃあ無いけど、だからといって良いわけ無い。

罰則等も無いのか?

イグサ農家はこのあたりはどう考えているんでしょう。

投稿: 杉山製畳 | 2007年11月21日 (水) 22時45分

偽装はとても頭の痛い問題です。
信用している問屋から裏切られたこともあります。
(うちのメンバーがですが)
知らない人の表にうちのメンバーのステッカーを貼ってあったりしたんです。
みんな頭を悩ませています。
有名税というシャレではすませられません。
しかしどうにも出来ない現実が・・・・

投稿: せい | 2007年11月23日 (金) 22時25分

生産現場の偽装だけかと思ったら問屋でもね~。

こうなったら防ぎようが無いような。

畳屋も知らずその表をに使ってしまう、しいては末端の消費者までダマサレル。残念なことです。

問屋から仕入れる時も疑心暗鬼になってしまう。
「これホントにこの生産者が作ったの?」と

食品ならかなりの問題になるんだろうけど。

法的な罰則でもない限り無理かな・・・。

投稿: 杉山製畳 | 2007年11月24日 (土) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/17046354

この記事へのトラックバック一覧です: QRコード:

» 偽造防止の新方式 [畳のココロ。]
今日の地元新聞にい草に関する記事が掲載されていました。 今、野菜などで取り入れられているQRコードを 畳表にも使用するというものでした。 QRコードを携帯電話のカメラで読み込むと生産履歴 などが表示されるというものです。 特筆すべきは長さ10センチ....... [続きを読む]

受信: 2007年11月16日 (金) 01時02分

« 麦の畳床・・・虫食い | トップページ | 天一表 4番(綿) »