« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

ありがとうございます

いつもこのブログを訪れてくれる方、ありがとうございます。

4月末の開設ですがまだまだ試行錯誤の状態で。

それでも多少は畳の事が伝わったかな?

来年はもうチョット内容のあるものをと考えています(^^♪ 

本人の登場回数も増えるかも(期待してね)

それでは皆さん、良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

いただき物!

Statamiimo_2 今日が仕事の最終日。

畳を納めたあとお客様からこんなもの頂きました。

「じねんじょ」・・・天然のものではありませんが買うとかなりの値段とか。2本も入っています。

嬉しいもんですね~、こういうの貰うのは。

正月に食べようかな。

明日はもう仕事がないので仕事場や機械の掃除他、家の大掃除が控えてます。さてどこまで出来るか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

ピアノの移動

年末の仕事も大詰めを向かえました。あと29,30日の2日。

今日の天気がお昼から雨とのことでしたので夜なべで仕上げお昼前に納めました。

それで、この納めた部屋にはピアノがあるんです。グランドピアノでなくアップライトピアノ。重量は200キロ以上。

さてどうしましょう。

とても一人では簡単に移動は出来ません。年に1回くらいはこんなピアノがある部屋の仕事があります。

この場合、ピアノを床に下ろさないで家具の移動用に使っている少し小さめの畳を持っていって(同じ高さにして)並行移動します。

当然キャスターが付いているのでそのままではめりこんでしまうので、10ミリほどのコンパネを何枚か使いこの上を序々に動かします。

と簡単なようですがこれがなかなか大変で特に元あった場所に戻すのは至難の業。 特に後ろと右側が壁でしたので体が入らない。ということは方側が持ち上げることが出来ない。

まあ、このあたりは何とか工夫しながら納めました。

こんな仕事でも余分に料金は頂きませんのでピアノがある部屋の畳替えはぜひ当店へ(笑)

明日も2階で大きいタンスがある部屋の表替え。今では「家具スベール」なんて道具があるのでかなり重たい家具でも移動できます。

家具が沢山あって畳替えを思いとどまっている方、ご心配なく。当店にお任せ下さ~い(^^♪

※ カグスベ~ル・・・なんとベタな名前でしょう。3セットあります。茶色の面が畳側、黒い方が家具との接触面。これでスリスリと滑らせます。だいぶ使い込んでケースはボロボロです。これ、以外と高いんですよ!

Statamikagu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

今日も夜なべ

ここ、2~3日は夜なべ続き。

今日も終わったのが夜10時。

普通は1日1件の仕事をこなすんですが最近は1日2~3件の仕事を並行してます。

予定は一杯ですがそれでも急な仕事が入ったりと、やりくりが大変です。

それでもあと1週間。

なんとかなるかな? 心配なのはお天気だけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

安売りチラシの仕事・・・その2

Statamiwakaba4 例の仕事の続きです。

それで、畳表を剥がしたらなんとこんな状態!

わかる? 「スパッ」と畳床にかぶせてある防虫紙が切れてます。

これはかなりヤバイ状況。

防虫紙をめくってみたら、こんなふうに。

Statamiwakaba5

畳床を縫ってある糸が切られてます。一般の人には分らないかもしれませんが畳屋さんが見たら「ヒィエ~」と驚くかも。

ワラの畳床を作るには何層かのワラ(40センチ位の厚さ)を機械で締め付けて5センチほどに圧縮。締め付けたところを糸で縫ってあります。ところが糸が緩んだり切れたらどうなるか? 膨らみます。

今回、何が驚いたかというと8畳の表替えの8枚全部が切られている。しかも上前の手元と手先(このあたりは畳屋にしかわからないでしょう)が30センチ前後の長さに切られています。1枚につき2箇所も切られている。

この場合どうするか? ① 見て見ぬふりをする(笑)  ② 直す

正解は②の直す(^^♪

切れたところ全部縫い直すのは時間的にも無理なので、要所要所を縫いましたがケッコウ大変なんです。8畳分×2箇所も。

なんでこうなったのかと考えたら「目押し定規」で畳表を切る時に畳表の下に何もあてがわずに切った。まあ普通では考えられない(常識的な畳屋ならね)

幸い酷く膨らんだところが無かったのでなんとか補修できましたが、これ余分な仕事なんです。他人の後始末のためにね~。

直したからといって、お客様に余分に請求するわけでも無いんですが見過ごす分けにもいかない。

それにしても酷い、許せない仕事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

お陰さまで

年末の仕事ですが、だいぶ前から予定は一杯でしたが今日でホントに埋ってしまいました。最後の31日だけは空けてあります。

どうしてもというお客様の為にね!(たまにあるんです間際に)

チラシの効果もありましたがそれ以外でも仕事の注文がありました。リピーターも何件か。口コミもあったかな?

さらに地元以外の地区からの仕事が増えたようです。来年は違うエリアにも広げようと思ってます。

最近はブログを訪れる方も増えたらしくこれもチラシのおかげかと。

あと2週間余り。

お天気が続けば良いんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

安売りチラシの仕事・・・その1

Statamiwakaba1_2 畳屋さんにも仕事の上手い下手があります。

あるいは丁寧かいい加減か。

そこで、この仕事を見て一般の畳屋さんはどう思うでしょう。

これは某安売り広告の業者の仕事です。たま~にですがこんなの出くわすことがあります。

Statamiwakaba2 さらにへりを剥がしたら以前の古いへりが

Statamiwakaba3

そしてこれは上前(うわんまえ)。一般の方には分らないかもしれませんが上前は普通、畳のヘリをたたみ表の谷に縫い付けます(わかるかな?)

上前は目に乗せるのが当たり前。

ところが見事に「目」に乗ってません!

この仕事をした人は多分畳の事を知らないんじゃないかな。

「安かろう悪かろう」なんて言葉があります。安いんだから悪くて当然。まあ、ある意味納得というかこんなもんかと思うのかもしれない。

でもこれは「高かろう悪かろう」の仕事のようで、広告の半額セ~ルよりもかなり高価な表替えになったそうです。

上の3枚の写真を見ただけでこの業者の仕事ぶりは推測できると思います。上手い下手以前の問題なんですが、現実問題こういう業者もいるんだと納得したりもします。

とここまでは、まだ冷静な目で見てましたが畳表を剥がしたらビックリ!これは許せない、ヒドイ状況が現れました。

その詳細は後日UP。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

チラシの効果

Statamichirashi 先日配った手作りのチラシ。

企業秘密の為、あえて小さく載せました(笑)

ブログにもUPした写真入りです。

ワードで作ってありますが簡単な事しか出来ないのでこの程度ですが、毎回少しづつ変えて作ります。

一般に新聞のオリコミチラシの場合、1,000枚配って1件の反応があれば良いとか。そう考えると今回のチラシですが1,000枚換算で15件の仕事の依頼。

いかがでしょう? 実際に配ったのはその1/3ですが、かなりの反応があったと言っても良いでしょう。

チラシ以外でも仕事の注文があったりと今月はほぼ一杯になりました。予備日として最後の方に2~3日ほど取ってありますがどうなりますか。

チラシの場合、長いスパンで考えたほうが良いのかもしれない。積み重ねが大事かと。まずは見てくれるだけでもありがたく思わないとね。

それから今回のは初めて本人の写真を入れました。それが多少プラスになったような気がします。

丁度、今日弟が来たのでチラシを見せたら「まあまあ」という評価を頂きました。他人にキビシイ弟がまあまあだから辛うじて合格点かな。

チラシの裏側です↓

Statamichirashi2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

手伝ってくれるのはありがたいんですが・・・

畳をお客様のお宅に納める時、たまに手伝ってくれる方がいます。普通なら「ありがたいことです」と思うでしょう。ところがこれが困るんです。

何故か?それはね、傷をつけられたり酷い時は角を潰されたりと。

普通、一般の人が抱く畳屋さんのイメージはどうなんだろう。ガッチリとした体格とか力持ち。そんなふうに思ってるんじゃないかな。

ところが私は「きゃしゃな」感じ。誰が見てもきゃしゃ。どちらかというと細いし力も無さそう(笑)

とても畳屋には見えないし、畳さえ持てないと思うかもね(^^♪

だから私が畳を担いでいるのを見て簡単に持てると思うのか手伝おうとする。でも畳ってワラ床の場合かなり重いです。物によっては35キロ以上。しかも肥料の袋を担ぐのとは訳が違う。持ってみるとわかるけど以外と持ち難い。

車から降ろす時も畳に傷を付けないよう慎重に、部屋へ運んで降ろす時も隅(角)に気をつけながら丁寧に。

以前も運んでもらった事がありますが重さに耐え切れなくて、畳を降ろす時「角(スミ)」を潰されたりしたことがありました。私よりはるかに体格の良い人でしたが・・・。

「畳は角(隅)が命」ですからココがダメージを受けたらどうしようもない。だから手伝いを申し出た時は丁寧にお断りします。

なんでもそうでしょうが、畳も担ぐのにコツがいるからね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

綺麗な糸引き表

Statamihigo2 こんなに綺麗な糸引き表入荷。

目方が1,8キロある「ひのみどり草」の畳表。

縦糸が太綿で織ってます(通常の綿糸より太いもの)でガッシリとしてます。

もちろん熊本無着色表。

普通糸引き表というと安物、下級品のイメージがありますがこれほどの物ですと下手な麻より上です。特に織りが良いです。見た目もスッキリとした感じで付け上がりはかなり期待できます。

糸引き表では「上物」と言っても良いでしょう。

さて、この畳表で表替えの価格はいくらにしましょうか。仕入れもけっこう良い値段でしたし・・・思案中?

※ バイクで転倒その後・・・(3日目です)

左手の腫れはだいぶ引きましたが、まだ力が入りません。ヒザは相変わらず痛いです。特に階段の昇り降りが。それでも少しずつ良くなっているような・・・。 そんな中またチラシの効果で仕事の注文が入りました。ありがたいことです。見てくれただけでもありがたいのに感謝!”感謝!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

さっそく注文がありました

昨日配ったチラシですが効果がありました。

配った翌日に表替えの注文が入りました。ここの地区は欠かさずチラシを入れてましたが翌日とはね~。

ありがたい事です。

しかもバイクで転倒したすぐ近くのお宅(^_^;)・・・(あの転倒は無駄ではなかった!)

その転倒後の今日の状態ですが、左手が腫れてます。特に小指を曲げると痛いです。力が入りません。

でも、そんなことも言っていられないので仕事はしてます。今日は2階からの上げ下ろしがキツカッタ。左足をかばいながらの階段はとってもハード。

明日になれば少しは良くなるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

チラシ配りだったんですが・・

昨日、ネット上で華々しくデビューして舞い上がっていたせいか今日のチラシ配りで転等してしまいました(-_-;)

その顛末は以下のとおり。

なかなか忙しくて年末のチラシ配りが出来なかったので今日、時間を作って配りました。午前は軽トラで、午後は狭い路地がある地区のため年に数回しか乗らないバイク(カワサキKSR-80)を引っ張り出し目的の地区へ(そういえば7月以来か)

気温も下がり空気密度も上がったせいかエンジンは快調。気分はGPライダー(キャブのセッティングがピッタシ)

軽快にバイクを操り(のつもり)、久々なので高回転まで回してチラシ配り。場所は長い直線が続く農道。

6速からリズム良く「パン、パン、パン、パン」と回転を合わせながら2速までシフトダウン。T字交差を左に曲がろうとバイクを傾けたらナント向こうから車が。

反射的にブレーキ。即転倒!

分るよね、バイクが寝た状態で急ブレーキかったら転びます。

後ろに取り付けたコンテナは何処かへ飛んでるし中のチラシも散乱。ガソリンも少し漏れてる。

久々の転倒(かつて箱根の七曲で750で転んだ以来か?)

とりあえずバイクを起こしチラシも拾いました。

ヒザが痛いので見るとズボンはボロボロに。かなりの擦過傷。左手の小指が凄く痛い。骨は折れてないようです。ふくらはぎもバイクに挟まれたせいか傷が。打撲のせいか体の左側がズキズキ。

何故こうなったか?

まず、この農道はほとんど車が通らない(来るはずが無いと勝ってに思った)。 しかもT字交差点の手前に車が2台あって見通しが利かない。それにもかかわらず久々に乗って調子付いて安全確認を怠った。

かつてのように1年365日バイクに乗らない日は無いというほどバイク漬けの時は転倒や怪我は無かったんですが、今や年に数えるほどしか乗らない。だから感覚も違ってきてるのかもしれない。

でもそれは言い訳。 歳だから?それも関係ないよね~。そうだっだらバイクに乗る資格も無いから。

そんなこんなで転倒後も箱を付け直し、傷の手当をして残りのチラシをまたバイクで配りました。

明日は2階から畳を降ろさなきゃいけないけど、どうかな~?明日のほうが悪いかな~(まだ血が滲んでるし痛いです)

それにしても年末にバイクでチラシ配りをしてる畳屋もそう居ないでしょう。怪我までしてね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

ジャ~ン!初登場。

Statamik

急に出てきてビックリしたでしょう。

初公開!

特に修正はしてません(^_^;)

実物はもう少し良いと思って下さい(笑)

何故載せたか?

実はチラシを作るにあたって「弟」から毎回のようにダメだしをもらってます。事細かく書いても(いつも書きすぎるんです)まったく意味が無いと。

どこの誰だか分らない畳屋に仕事を頼むのは物凄~く不安だと(確かにそのとおり)

だからチラシにも顔写真を入れるべきだと・・・弟からキツク言われました。

そこでこの写真をチラシに載せました。昔ながらのスタイルというか針を持って手縫いの格好でと思いましたがそれも現実的じゃないなと考えいつもの機械での作業風景を。

この写真でお客様の判断材料にしてもらおうかな。まあ、写真から仕事振りとか人柄が分るわけじゃあないけどまったく無いよりは良いでしょう。

「こんな人がやってるんだ」と分ってもらえばね。

当店のHPにも写真を載せるつもりですがもう少し写りの良いものをUPします(^^♪

今度はカメラ目線のやつをね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

産地問屋さん 来静

今日、畳表の産地問屋が来ました。わざわざ、藤枝の山奥にある当店まで。しかも「こんなに小さい畳屋」に、ホントニ来るの?と思いました。

お昼前の11時到着。

ところが今日は夕方納めの仕事で手一杯の為、1時間だけ話を伺いました。こちらも聞きたいことが沢山あったんですがね~(時間が取れなくて)

それでも産地の現状、仕入れる畳表について他興味ある話が聞けました。

特に国産畳表の品不足について。熊本では生産農家の減少で栽培面積も減っている。当然ながら畳表の生産量は減るわけですが品不足はそれだけが原因でなく今まで中国産畳表を扱っていた問屋が国産表を扱うようになったと。

中国を使っていた畳屋も国産を求める動きもあるようで、某展示会でも国産表のコーナーに人気があったそうです。

ここ何年か畳表の展示会では6割以上が中国産の出展で、畳屋も「こんなに綺麗なら国産を使うことはないな~」と中国産人気でしたが・・・。特に国産表の中級品以下は中国産に喰われてしまったと言って良いほどでした。

それが今年は国産表の中級品~不足。

昨今の中国製品の薬品等の問題がクローズアップされてか、国産が見直されてきてるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

ヘリをディスプレイ

Statamitana 義弟の家具職人に作ってもらいました。

ヘリを飾る棚です。

さすがプロ! 素人にはとてもこんな物出来ません。

店の入り口にあり外からも見えます。

ヘリの見本帳ではなかなか感じがつかめないんですが、これだと伸ばして畳表にあてがってへりを付けた時の雰囲気がわかるでしょう。

触って感触も確かめられます。

今はへりの向きは横置ですが直径10センチ程度ですと縦向きに置けて1段で7種類。全部で35種類のへりがディスプレイできます。

まあ、普段よく使うヘリは10種類ほどです。

いかがでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

闇夜に光る・・・

Statamiled なんか怪しい店だよね。

ブルーのLEDが妙な輝きを放っています(笑)

LED100個付いてますが消費電力が7W。電球みたいなのは同じ個数で160Wでした(1/20以下の消費電力)

8パターンの点滅。

とりあえず年内のみ。夕方~夜10時まで点燈。興味ある方見に来てね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年末セ~ルですが・・・

もう12月。1年速いもんです。

本来なら先月に「年末セ~ル」としてチラシを配っているんですがまだ配っていません。

なんだかんだと時間が取れなくてそれで・・・。

年末の予定もボチボチ埋まってきてるし、どうしましょう?

当店では今月一杯、畳替えしたお宅に例の「へりのバッグ」を差し上げています。今日は2軒のお宅にバッグを差し上げましたが喜んでいただきました。幾つかある中から選んでもらいますがやっぱり良い物(高級なへりで作った物)から無くなっていくようです。

バッグ作りに追われるほど仕事の注文が入れば嬉しいんですが、今月はあと25日しかない。さてどうなりますか。

それからお店の看板にイルミネーションの飾りつけをしました。年末でもあるしクリスマスもあるので少しは賑やかしくなるかな。とりあえず年内いっぱい。

明日、画像をUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »