« 綺麗な糸引き表 | トップページ | チラシの効果 »

2007年12月13日 (木)

手伝ってくれるのはありがたいんですが・・・

畳をお客様のお宅に納める時、たまに手伝ってくれる方がいます。普通なら「ありがたいことです」と思うでしょう。ところがこれが困るんです。

何故か?それはね、傷をつけられたり酷い時は角を潰されたりと。

普通、一般の人が抱く畳屋さんのイメージはどうなんだろう。ガッチリとした体格とか力持ち。そんなふうに思ってるんじゃないかな。

ところが私は「きゃしゃな」感じ。誰が見てもきゃしゃ。どちらかというと細いし力も無さそう(笑)

とても畳屋には見えないし、畳さえ持てないと思うかもね(^^♪

だから私が畳を担いでいるのを見て簡単に持てると思うのか手伝おうとする。でも畳ってワラ床の場合かなり重いです。物によっては35キロ以上。しかも肥料の袋を担ぐのとは訳が違う。持ってみるとわかるけど以外と持ち難い。

車から降ろす時も畳に傷を付けないよう慎重に、部屋へ運んで降ろす時も隅(角)に気をつけながら丁寧に。

以前も運んでもらった事がありますが重さに耐え切れなくて、畳を降ろす時「角(スミ)」を潰されたりしたことがありました。私よりはるかに体格の良い人でしたが・・・。

「畳は角(隅)が命」ですからココがダメージを受けたらどうしようもない。だから手伝いを申し出た時は丁寧にお断りします。

なんでもそうでしょうが、畳も担ぐのにコツがいるからね!

|

« 綺麗な糸引き表 | トップページ | チラシの効果 »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

へ~知りませんでした。そんなに重たいんですね。私なんか半畳敷きでも落としそう。もしうちで依頼したら、杉山さんの行動を家族でただじーっと見つめていれば良いんですね。
持ち方にコツがありますか?専用の道具があるとか?それとも、やはり熟練の腕一つ、なんでしょうか?

投稿: じんじん | 2007年12月17日 (月) 10時57分

よく年配の方が「昔の畳はワラだから重かったよね~、今のはスタイロだから楽でしょう」と言うことがあります。

これは「昔のワラの畳床」対「最近の建材床」を比較してのこと。

ところがワラの畳床に限ると、最近のワラの畳床は昔のワラ床に比べかなり重いです。

35キロを越えるものもあります。堅く(固く)て重い。

ただ持つ(担ぐ)だけなら出来るかもしれないけど、畳という商品を丁寧に扱うのはまた別。

コツはあるか? 

あります。でもそれは体で覚えるしかないでしょう。

運搬はほぼ人力頼み。たまに「ネコ」なんて道具を使いますがね。

今度、じんじんに畳を持たせますので体力を付けてきてね(^^♪

投稿: 杉山製畳 | 2007年12月17日 (月) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/17360416

この記事へのトラックバック一覧です: 手伝ってくれるのはありがたいんですが・・・:

« 綺麗な糸引き表 | トップページ | チラシの効果 »