« さっそく注文がありました | トップページ | 手伝ってくれるのはありがたいんですが・・・ »

2007年12月12日 (水)

綺麗な糸引き表

Statamihigo2 こんなに綺麗な糸引き表入荷。

目方が1,8キロある「ひのみどり草」の畳表。

縦糸が太綿で織ってます(通常の綿糸より太いもの)でガッシリとしてます。

もちろん熊本無着色表。

普通糸引き表というと安物、下級品のイメージがありますがこれほどの物ですと下手な麻より上です。特に織りが良いです。見た目もスッキリとした感じで付け上がりはかなり期待できます。

糸引き表では「上物」と言っても良いでしょう。

さて、この畳表で表替えの価格はいくらにしましょうか。仕入れもけっこう良い値段でしたし・・・思案中?

※ バイクで転倒その後・・・(3日目です)

左手の腫れはだいぶ引きましたが、まだ力が入りません。ヒザは相変わらず痛いです。特に階段の昇り降りが。それでも少しずつ良くなっているような・・・。 そんな中またチラシの効果で仕事の注文が入りました。ありがたいことです。見てくれただけでもありがたいのに感謝!”感謝!

|

« さっそく注文がありました | トップページ | 手伝ってくれるのはありがたいんですが・・・ »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

たしか太綿は通常の綿糸の倍だったかと。

なので綿綿Wと同じ感覚ですね。


ちなみに細麺も太麺も好きです。
あ、これはラーメンの話。。。

投稿: せい | 2007年12月13日 (木) 12時43分

以前はたま~に「綿々W」の表を使いましたが最近ではまったくお目にかかりません。どうしちゃったんでしょう?

イグサ農家も織っていないのかな。

畳屋さんもあえて綿々Wなんて表は使わないんでしょうか。
それなら麻があるからね(同程度の価格で)

建材床にはなじみが良いんだけど・・・綿々Wが。

ところで、今回仕入れた糸引きですが玄人(クロウト)好みするような畳表じゃないかと勝手に思ってます。

でもこのレベルの糸引き表ですが以外と使い道が難しい。

建材床使った客間なんかにと思ってますが・・・。

投稿: 杉山製畳 | 2007年12月13日 (木) 22時09分

2年ほど前だったか初めて綿々Wの存在を知りました。
九州の畳屋さんから聞いたのです。

糸屋に聞くと飛びきり出てるようでした。

太綿より2本使ってます!
と言う方が畳屋さんも売りやすいのでしょう。

九州なんかで多いようですよ。

どうしても関東やそちら当たりは売れ筋が麻ですからね。
問屋さんも持っていかないのでしょう。

投稿: せい | 2007年12月13日 (木) 23時06分

九州で多いのは何故なんでしょうね。

せいさんが最近知ったというのも以外です。
畳屋よりも畳表の専門家ですから。

ところで、糸引きを太綿で織ったことありますか?
太綿は価格の面でも良いんですかね~(普通の綿糸よりも)

イグサを沢山打ち込めるからかな。


投稿: 杉山製畳 | 2007年12月14日 (金) 21時06分

なぜでしょうね。
その九州の畳屋さんはほとんど綿々Wばかりだと言ってました。

高価な品にならないと麻糸は入らないと。

逆に関東の人たちは麻糸表を使って床が縮んだりするのに
大変じゃないのか?って言ってました。


綿々Wは私だけじゃなく、研究会のメンバーみんな知らなかったです。
実際に近所で織ってる人もいないですし。
見たこともないです。
じつはあんまり表の種類など知らないんですよ。

太綿で織ったことはないです。
1番、2番は中綿の麻綿Wですが、経費として
太綿になった途端、糸代がガン!と上がります。

ちなみに太綿の糸も見たことはないです。
そんなもんです^^;

投稿: せい | 2007年12月14日 (金) 23時33分

なるほど、了解しました。

投稿: 杉山製畳 | 2007年12月15日 (土) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/17350498

この記事へのトラックバック一覧です: 綺麗な糸引き表:

« さっそく注文がありました | トップページ | 手伝ってくれるのはありがたいんですが・・・ »