« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

ヘリのバッグは・・・リニューアル

当店で販売している「へりのバッグ」ですがお陰さまで皆さんに興味を持っていただき、いまだに注文があります。 

元々は畳の良さ、縁(へり)の美しさを楽しんで欲しいとの思いから始めたことですが以外と反響がありました。嬉しいのは「面白い」と言って買ってくれること。

そこらへんに売っているようで売って無い。あるようで無い。材質が畳のへりというところがミソかな。

作り始めた頃に比べれば仕上がりも良くなりさらにバージョンアップしています(と、勝ってに思ってますが・・・(^_^;)

そこでブログからもリンクしてますが「へりのバッグはこちら」を少しリニューアルしました。

一部、サムネイルで画像が表示出来るようにしてあります。新しいヘリの組み合わせが出来ましたらその都度UPします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

鯱(シャチホコ )

Statamisyachihoko Statamisyachihoko2

見てのとおり「シャチホコ」です。

「日本一」とありますがこれはなんでしょう? わかりますかな。

これは畳床を製造する機械に付いていたもので、機械の一番高いところに誇らしげに取り付けてありました。

かつてはホトンドの畳屋さんが自家製のワラの畳床を製造していました。ワラを集めて「床の製畳機」で製作。藤枝でも昭和50年代後半までは畳屋さんが作っていたようですが、その中でも最後まで畳床を作っていたのが当店です。そういう私も2年間ほどワラの畳床を作った経験があります。

この機械は父親が昭和30年頃に名古屋から3輪自動車で運んできてこちらで組み立てたそうで、当時の非力な3輪自動車に積載量の3倍以上の重量を載せやっとの思いで藤枝まで持ってきたようです。途中、あまりの重さにパンクしたり大井川の手前の「日坂」(にっさか)をなんとか乗り越えたりと苦労の連続だったらしい。

これで、なぜシャチホコか分ったでしょう。機械メーカーが名古屋だから(^_^;)   多分、名古屋城の金のシャチホコから取ったんでしょう。

メーカーの名前は「中京製作所」と言い、畳屋を引き継いだばかりのころ部品を発注したらもう製畳機は作っていませんでした。ところが図面はあるのでワンオフで製造してくれて対応の良さに関心した覚えがあります。もう何年前になるんだろう。 残念なことに自分の父親から畳床を作る技術を教わることはありませんでしたが・・・。

始めに戻りますがこのシャチホコのプレートですがまだ金色の塗装が少しですが残ってます。機械そのものはもうかなり前に処分してありませんがこのシャチホコだけは思い出があるので捨てずに取ってありました。鋳物で出来ていて重量感があり真ん中の日本一が何ともいえない雰囲気があります。

子供のころは製畳機で圧縮されて出てくる畳の上に乗って、機械の複雑な動きを見ながら遊んでいました。今思えば大きな「刃」が両サイドから上がったり下がったりしてかなり危ない状況でしたが当時はどうってこと無かったのかな。

店の隅のほうにホコリまみれで置いてあったので、今度はもうちょっと良い場所に飾る予定。

※ 3輪自動車ってイメージわきますか?多分知らないでしょう。ドアも無く運転者はバイクのようなハンドルを持って真ん中に座ります。左隣に小さなイスがあるだけ。落ちないように道路側に貧相なパイプがありここに畳のヘリで縛りつけられてどこかへ連れてかれました(笑)

エンジンもバイクのようにキックで掛けるのでよく「ケッチン」を喰らったようです。方向指示器(当時こんな呼び名でしたよ)も「うさぎの耳」みたいのがパット上がったり下がったり。今のようにウインカーが点滅なんてのは無かったからね。凄い時代でした。丁度映画「3丁目の夕日」をイメージしてもらえば。あれに出てくるミゼットよりももっと古い3輪車なんです。

良い時代でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

大中小&特大

Statamibug1 ここのところ本業(和裁)が忙しくて作る時間が無かったんですが、オーダーを抱えているので何種類か作りました。

へりは大宮縁の「アラベスク」というものを組合わせました。少し値段の高いヘリですが出来上がりはなかなか高級感があります。

一番左の大きいのは肩に掛けられます。まるちゃんの後ろのはA4サイズのファイルが入るようになってます。いずれもボタン付き。

へりの組み合わせでかなり印象が変わるので、このあたりが面白いところです。 HPにもUPの予定。

ところで、ここ何日か夜になるとアパートの物件を探してます。次男がセンター試験が終わりいよいよ前後期の試験に突入。そのため受ける大学の近辺のアパートをネットで検索してます。色々と条件があるので絞っていくと検索結果が少ししかない、なんてこともあり思ったような物件はなかなか見つかりません。現地を見ないとなんともね~。

そんなわけで今(1時半)までアパート探し。続きは明日にしよう。

※ 正面からも↓

Statamibug2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

薄すぎて・・・

Statami10 築7年目のお宅の裏返し。

先日伺って畳を引きあげる時に「薄畳」と気が付きました。

施主の方もこんなにも薄い畳が入っているとは知らなかったようで驚いていました。

厚さ15ミリ(仕上がり)でベースとなる畳床の厚さは10ミリ。今までこんなに薄い畳の張替えなんかやったことありません。

畳屋を初めてから一度もこんなに薄いのに遭遇したこと無いのでチョット戸惑ってます。

この畳はカマチと返しはホッチキスで止めてあり、平刺し(ヘリを縫い付けること)は機械でやってあります。最近では10ミリの厚さでもカマチと平刺し、返しすべて縫える機械もあります。

が、当店の機械では厚さ1寸くらいまでしか対応できません。当然この薄さではカマチは無理。辛うじて「平刺し」のみなんとか出来ました(色々と機械をやりくりしたので)

もし出来なかったら全部ホッチキス仕上げ?と思っていたので良かった。

このお宅は某大手住宅メーカーの施工でユニットを積み上げる工法で、簡単に言うと箱を積み上げて組んでいく。工場であらかた仕上げてあるので現場では内装を仕上げるだけというもの。

在来工法に比べ地震にはかなり強いんじゃないかな。

それでこの畳ですが普通と違います(推測ですが)。 何が違うか?

一般的には大工仕事が終わってから畳屋さんが部屋の寸法を測り、寸法に応じて畳を作ります。ところがこの畳はユニットの大きさに合わせて事前に作ったのでは(多分)

8畳間だから8畳間用に何セットも作ってあったのでは。

なぜそう思ったか? 普通、8畳間であれば裏に方角を書いてあります。この辺りでは「中、枕、通し」と。ところがこの畳はアルファベットが1文字あるだけ。「通し」は4枚とも「D」と書いてあり寸法は全て同じ。枕も2枚とも「H」でこれまた同じ寸法。 真ん中の2枚「中」も同じ大きさ。だから「通し」の畳は他の通しと入れ替えてもOK。

こんなに薄い仕様の畳はメーカーがコストを下げる為と思われますが、畳屋にとってはあまり嬉しくないんですよね!

手間は掛かるわりに単価が安い(薄いから安い・簡単と思われても困るんだけど)

今日はカマチを巻くのにかなりの時間が掛かってしまった。ホッチキスの針を抜くだけで15分も(ガムテープと両面テープも上手く剥がれなくて)

こんな薄畳はこれからもっと増えていくんだろうか。大手住宅メーカーがシェアを伸ばしているからね(当店のある地区でも大手が増えてます)

まあ、ここまで薄いと付ける畳表も限られてくる。厚い麻表は無理かな。糸引きの薄いのでないと。畳であって畳でないような・・・(チョット複雑な気持ち)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

こんなお酒買ってきました

Statamisake 先日行われた高校サッカー選手権で準優勝に終わった藤枝東高ですが、準優勝を記念して地元にある「志太泉酒造」からこんなお酒が発売されました(藤枝ならではかな)

720MLで「志太泉 特別本醸造」

新聞に記事が載っていたので翌日に購入。

555本限定販売でシリアルナンバー付き(157本目でした)

2日ほどで完売したようです。

裏面には戦績や得点者の名前が入っています。

この藤枝東高ですが以外にも練習場のグラウンドが狭いんです。野球部も同じ所を使っているし一般的な高校のグラウンドに比べてもかなり小さいんです。ただ観戦できるように階段状のコンクリート席があり地元のサッカー好きがよくいますね~。このあたりは「サッカーを校技」とする東高らしいところです。

たまたまこの志太泉酒造の社長が藤枝東のOBということでこの記念酒を造ったようです。 当店から車ですぐの所にあり、仕事でもお世話になっています。

ところで、築100年以上経った酒造場の住まいは畳の枚数が80枚ほどありますが、奥の客間は「手縫い床の板入れ畳」が入っています。畳屋さんでもこんな畳を目にすることはホトンドないでしょうが、さすがに板が割れたりしてるので割れたものはプラスチックのコーナーで代用してます。

昔の職人が手をかけて作った手縫い畳床は年数からは想像できないほどムラが少なく平らに出来ていてビックリしました。当時の技術レベルが伺えます。

Statamisake2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

チョット豊川稲荷まで

Statamiinari2 今日は愛知県にある豊川稲荷まで行ってきました。西では京都の伏見稲荷が有名ですがこの豊川稲荷も三大稲荷の一つとも言われています。

それで我が家には昔から「お稲荷さん」があります。子供の頃にはこの周りで遊んだりしてましたが昭和の初めに祭られたそうです。

もう80年も前のこと。

商売繁盛を願ってのことだと思います。

毎年1月半ば過ぎにお参りに行きますが、今回は合格祈願も兼ねて行って来ました。他にもいっぱいお願いをしました(^^♪

以前、元旦に来た時はこの参道から拝殿まで人の波で身動きが取れないほどの大混雑でしたので、月も半ばの平日にお参りするようにしました。

ご覧のように空いてます。 団体客がチラホラと。

みやげ物屋を物色して招き猫とお守り、それから豊川稲荷限定のキティちゃんを買いました。

ずっと国道1号で行ったので片道2時間半のドライブ。距離にして往復200キロほど。

丁度パルサーの足回りを交換したばかりなので、そのテスト走行をしながらの豊川稲荷参拝でした。

Statamiinari3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

いつもの喫茶店・・・店内です

Statamisono1 週に一度、コーヒーを飲みに行く喫茶店「苑」

今年で2度目かな。

以前、お店の外観を載せましたが今日は内部公開。

入り口から奥を見るとこんな感じ。実際はもう少し暗いんですが。

閉店が夕方6時なのでいつも5時半頃に伺います。

カウンターとテーブルが5つ。10人も入れば「今日は多いな」という程です。左奥にレコードプレーヤーやアンプが見えますが、このアンプ発熱が凄くて夏場は冷房が効かないほど熱くなるそうです。A級なのかな?(わかりますかA級アンプの仕組み)

いつも同じ席に座り300円のブレンド。さり気なくジャズが流れる中、スイングジャーナル誌なんかに目を通し閉店間際までいます。

この時間は同じ顔ぶれですが名前は知りません。顔だけの知り合い。

以外にも豆だけ買っていく人がけっこう多いです。マスターが言うには将来的には豆だけの販売を考えているそうです。

こちらは入り口側。ドアの向こう(入り口の右側)に焙煎室があり歩道から見えます。

前にも言ったかと思いますが、美味しいコーヒーはもちろんですがマスターと奥さんの人柄が人を惹きつけるようです。コーヒ好きはもちろん、そうでない方も一度行ってみたらどうでしょう。とても雰囲気の良い店です。

Statamisono2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

恒例の職業インタビュー

ここ5年ほど続いている中学生の職業インタビュー。今年で6年目。

正確には「職業調べ学習」だそうです。

これは中学校において「生き方指導の一環」として行うもので、1年生が2~3人来ます。

そこで今日担当の中学校の先生がお願いにみえました。実施日は2月初めですが事前に質問内容等を書いたプリントを頂きました。

先生が言うには、最近手仕事でやる事業所が減ったそうで当店のような存在は貴重らしい。職人が少なくなったという事かな。

質問内容は「仕事の特徴、やりがい、大変な事、地域とのかかわり、仕事に就く条件等」ですがそれ以外にも返答に困ってしまうような突っこんだ質問をしてきます。

要は想定外の質問があるという訳。 そんな時はたじたじです(^_^;)

今年はどんな中学生が来るんだろう? 楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

残念でした

藤枝東、負けちゃった。

コメントしようがありません(ーー;)

あまりにも内容が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

2度目の登場

正月休み明けに身内に不幸がありまして6日~9日までバタバタとしてしまいました。 

そんなわけで年明け早々軽トラのオイル交換の予定が今日になりました。

普段は3~4千キロで交換していますが今回は7千500キロも走ってしまった。昨年の後半は忙しくついつい交換のタイミング逸してしまって・・・。

ただ、100%合成のオイルを使った為か、いまだにガサツイタ感じもなく良い感じでエンジンが回ります。

軽トラだから安いオイルでも十分と思うでしょう。安いオイルでもマメに替えれば良い(値段の高い)オイルを使う必要もないと。そういう考え方もあるよね。

ところが良いオイルは高負荷での状況ではかなり差がでます。ましてや軽の場合、トルクが無いので必然的に高回転を使うからよけいに潤滑性能の差が出てきます。

軽トラだからこそオイルに気を使う必要があります。

なにせ目指せ20万キロだから(^^♪

以前は車屋さんに任せていましたが、自分でオイル交換するようになってからのほうが調子が良くなりました(笑)

昨年はよく働いてくれたご褒美も兼ねて今回も100%合成のカストロールを入れてあげました。

Statamioil

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

今日も勝ちましたね~

見ましたか?高校サッカー。

藤枝東とうとう決勝に進みました。藤枝市民としては喜ばしいことです。

かつては「サッカー王国」なんて言われましたが最近では全国的にもレベルが上がり静岡県のサッカーもなかなか簡単には勝てなくなりました。

「全国で勝つより静岡で勝つ方が難しい」・・・かなり前の事ですよね!いまではそんな事無いんですが。

静岡の場合、全国レベルに出れる高校が8校近くあるかな。だから良い選手も分散してしまって、ある県のように毎年同じ高校が出るということはありません。最近になって藤枝東高は強く(上手く)なりましたが一時期は清水勢に押され、個人技の静岡学園にも遅れをとってなかなかぱっとしませんでした。

そんな中、決勝へ。

多分、静岡県民は「あ~でもないこ~でもない」とテレビの前で総監督になっているだろうね。

特に藤枝はサッカーにうるさいです(子供から年寄りまでね)。 みんなサッカーを良く知ってます。

「ちゃんとトラップしろよ」 「サイド空いてんだろう」 「なんだよあのシュート」と・・・そういう私もそうですが(^_^;)

あえて辛口で言わせてもらうと今のままでは決勝は勝てません。雑なところが多すぎ。もう少しボールを大事にしないと。

さらに言えば、決めるところは決めないとダメです。チャンスは何回もありませ~ん。逃がしたら次はないです。

総合力では相手が1枚上ですから(ミスが少ないです)。藤枝らしいサッカーが出来ればもしかしたら?

1週間後の決勝が楽しみですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとう。

いつもブログを訪れてくれる方、仕事でお世話になった方、お店を訪ねて来てくれる方、ありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

商売をしていると日曜も平日も無いんですが正月だけはゆっくりと休めます。今日も1日ゴロゴロと、コタツでテレビを見ながらサッカーを見たりとのんびりとしています。 実は暮れの31日あたりからチョット熱っぽくダルイ感じなんです。仕事疲れが出たかな?

それほど大した事はないのでゆっくり休めば治るでしょう。

明日は軽トラのオイル交換の予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »