« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月26日 (火)

99999から00000

Statamikeitora_2 今日焼津へ行った帰り道、メーターを見たら99999、9。

「オッ、10万キロに突入」sign03

カメラを持っていないのでその瞬間は撮れませんでした。

ということは「100000」か、と思ったらなんと「00000」に。あれっ?ゼロが5つ並んでる。

よく見たらeye10万の桁が無い

実は今の軽トラは3年ほど前に譲ってもらった中古で走行7万キロの660CCのホンダアクティです。

その前は新車から13万キロ、年数にして15年乗った同じアクティ(違うのは排気量が550CC)

この110CCの違いはかなり大きく、トルクの差がはっきりと分ります。

それで以前の550CCのアクティはメーターが6桁(十万の位)まであって13万キロの表示がでましたが、それより年式が新しい現在のアクティは5桁(万の位)。

まあ、こんな違いなんかどうってこと無いでしょうがここから見えるのはコストダウン! こんなところで削っているのかと勘ぐってしまう。時計ですらオプションだしね。

04年から車検証に走行距離を記載するようになりましたが、これは巻き戻し等を防止、ようは距離の不正を防ぐ為と思われますが今回のようにゼロになってしまったものはどうなんですかね。

目指せ20万キロでしたがメーターには6桁目が出ないからチョット複雑な感じcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

ガンタッカー

Statamigun 一般的に「ガンタッカー」はMAXというメーカーの物が有名で、これは大工、シャカン、内装関係の仕事なんかに巾広く使われています(ホームセンターでよく見かけます)

写真の「ガンタッカー」は畳屋さん専用(多分)。どこにでも売っていません。

何に使うか?

畳のへりの隅を糸で縫いとめる代わりにこれで留めます。矢印の先にあるホッチキスの針の大きいようなものが(長さ20ミリ)ガンタッカーから飛び出てきます。畳のスミを作った所にこのガンタッカーを押し当てて「ガチャッ」とやります。

丁度マシンガンのように握りの前にある弾装の部分に針が入っています。

建材床ではほぼ100%これで隅を留めていると思いますが、ワラ床でもこのガンタッカーが使われる割合が大きいでしょう。

そういう当店でも最近はスミ留めはこればかりでした。ワラの畳ばかりの頃はスミは手縫いだったんですがね。

特に忙しい時は重宝するのでついつい頼ってしまう。4スミを留める時間がかなり短縮できるから。それに楽だしね。

ところが最近これで良のかな~と思うように。どうしようもなく忙しい時はともかく時間に追われない仕事の場合は極力手で縫おうと(もちろんワラ床の場合ですが)

それで今日はスミ留めは全部手縫いにしました(以前は普通にやっていたことなんですよ!)

今日の畳替えは実に30年ぶりの表替えでした!

※ 比較の意味で普通のホッチキスをおいてみました。だいぶ錆びてますがそれでもこれを買ったのはかなり遅い方じゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

18,5度

今日の静岡はポカポカでしたsun

最高気温18,5度まで上がったとか。

温暖な静岡でも今年は寒~い日が続きますが、今日は寒さも忘れるほど暖かでした。

いつもはこの時期じっとしているクロメダカも今日は動きが良いようで水面近くまで上がってスイスイと。 ランチュウも元気そうでした。

それで、中庭の一角にこんなもの作ってみました。鳥のエサ台。

杭の上に発泡スチロールを置いただけのものですが、ここに毎日ミカンを輪切りにした物を置きます。

そうすると、何処にいたのかすぐに来て食べ始めます。写っている鳥の種類は分りませんが他にはメジロが来ます。まあ、よくもこんなに綺麗に食べるもんだと感心するくらい皮だけになってますが美味しいんだろうね。

我が家はミカン好きなのでまだまだ沢山ありますが、しばらくは鳥もミカンには不自由しないでしょう。

それにしてもメジロは可愛いね!

Statamitori

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

チラシ作ってますが・・・

3月頃に配る予定のチラシですが、今作っています。

A4サイズという限られたスペースに如何に伝えたいことを書くか。これでもかと言うほどビッシリと書く方もいるようですが、スペ-スに余裕を持って書くのも一つの方法。

まだ完成ではありませんが粗方できました。 が、自分ではまあまあかなと思っても他人が見た場合どうなのか? 畳屋の視点と、お客様の視点ではかなり違いがある。あくまでもお客様の見方が重要。

そこで当店に週に一度訪れる「じんじん」に出来たチラシを見てもらいました。あくまでも他人の目でeye。  客観的にどうなのか。

じんじんは畳に関してはシロウトだから客観的な判断が出来ると思ってね。いつも冷静に物事を見る人だからこういう時は大助かりです。

一通り見てもらって的確なアドバイスをいただきました。見にくいところ分り難い言葉(文章)などいくつかありました。

畳屋には当たり前の事でも、一般の人には何の事だか・・・。そんなところはもっと分りやすい言葉で書かないとね。

さらに修正したあと添削してもらいますpencil  何点もらえるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

シロアリの被害

今年の冬は寒いですね~。昨シーズンは暖冬とかでスキー場も営業せずに終わったところもあったとか。今期はどのスキー場も十分すぎるほどの積雪があるようで、あの北海道の夕張では積雪量が7Mを超えたらしい。財政が厳しい中大変です。

ところでシロアリです。

当店は市内でも山間地にあるので住宅の裏が山だったりするお宅が多いんです。だから湿気やすい環境にあるんです。つい3日ほど前にもシロアリの被害にあったお宅の畳替えがありました。

10畳間ですがそのうち4枚が完全に食われてました。敷居も根太もやられてとなりの8畳間の一部も被害に。

結果、10畳間のうち使えない分は8畳間の状態の良いものを持ってきて納める。と簡単に書きましたが寸法が5分も違う(1枚あたり)。約15ミリ小さい。畳表とプラスチックのコーナーで何とか丈を出し上手く収めました。仕上がりは思った以上にキッチリと入りました。 普通なら全部新しくするんでしょうけど施主の意向でこんなふうになりました。

このシロアリですが最近どうも多いような気がします。昨年の秋口からもう4件目。いずれもかなり大きい家で築何十年~100年以上のお宅。

ひどいのは8畳間×4部屋、いわゆる「田の字」の部屋全部シロアリにやられていました。たしかに湿気やすい環境ですが何十年もなんとも無くてつい最近被害にあっています。

昔の家は最近の住宅と違い「風通し」が良い。すきま風も入るし床下もスカスカで湿気が入っても抜けやすい構造です。ところが改築なんかで土間はフローリングにしたりと床下も風の通りが悪いような状況になってます。

それに大掃除というものをしなくなった。年に一度畳を上げて家族総出で行っていたものをやらなくなった。結果、シロアリの被害を早期に見つけることが出来なくなった。

さらに、考えすぎかもしれないけれど環境の変化。いわゆる温暖化。昨年の夏も雨が多く猛暑が続いたりとほんのわずかの気象変化が実は効いてきてるんじゃないでしょうかrain(かなり勝手な想像ですが)

人間が感じなくても自然界のバランスは微妙に狂ってきている。これがシロアリの被害が増えている原因の一つかもしれない。

と偉そうにね(~_~;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

職業インタビュー・・・パネル完成

Statamicyuugaku 先日の職業インタビューですが、パネルにまとめたものが出来ました。今日、先生が届けてくれました。

サイズはA3(42×30センチ)

毎年のことですが良く考えて作ってあります。写真は先生が撮ったようですが店もcamera撮られたとは知りませんでした。実際よりは良く写ってますup本当はもっとdown・・・なんです(~_~;)

内容ですがほぼインタビューしたことですがそれ以外にも自分が思った事、考えた事を書いてありました。

今の子供達は畳との係わりはほとんど無く、中には畳が無いお宅もあります。畳表を新しく張り替えるという作業すら知らない子供もいます。

ですから今回のようなことで畳に関心を持ってくれれば良いんですが。それと働くことの意味や大変さとかが分ってもらえばね。

それから私自信、なにか課題を与えられたような気がします。思いがけない質問から考えさせられることも幾つかありましたから。

また来年もお待ちしてます。さらに美味しいチーズケーキを用意してnote

※ あっ、そうそう。忘れていたことがありました。中学生からお礼の手紙も一緒に頂きました。大変丁寧な文面でしたshine

この職業インタビューですが当日だけのものではないんですね~。パネルの作成から事前に伺いますとの電話連絡、そしてお礼の手紙を書くこと。この一連の流れがすべて勉強なのかなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

職業インタビュー・・・当日

Statamisyoku1 午後1時半に2名の中学1年生がみえました。

畳の作業台に畳を乗せ、ここに座ってもらいました。初めは何となく緊張してるような(お互いですが)

予定は1時間ですので次々と質問をされます。

資格は? この仕事に就くためにはどんな勉強を? 大変なことは? 畳の種類は? 他にも沢山ありました。

その中でも驚いたのが「何か挑戦するものは?」・・・挑戦? 「畳屋としてですか?」の問いに「そうです」と。このときは一瞬考えてしまった。意表を突いた質問に。

もう一つは畳屋として「地域に対する願いは?」と。 これまた難しい質問です。考えたすえ「和室が少なくなっているからもし君が家を建てるようなことがあれば畳の部屋をたくさん作ってね」と返答しましたが納得してくれたかな。

ところで質問項目がケッコウあるので矢つぎ早に質問が来ます。だからオチオチしていられない。しかも私が話した事を黙々とメモに取っています。

こういう場合、相手がメモルことを考え返答に躊躇してはいけません。簡潔、明瞭で迷いがない答えでないと。しかも1年生だからあまり難しい表現では理解できないこともあるのでその辺のことも考えないとね。

と偉そうに言ってますがどうでした? 中学生のお二人school

Statamisyoku3 質問の合間をみては実際の畳表を見てもらったり、ワラ床と建材床の違いを触って確かめてもらったりと。

downwardleftはカマチの機械の説明中。時間があれば実際に縫って見せればよかったんですが・・・。

いつもの事ですが予定時間は「あっ」という間に過ぎてしまいます。全項目の質問が終わったのが2時半。もう終了です。集合時間があるとかで急いでチーズケーキを食べて帰りました(味はどうでした?)

Statamisyoku2 ←杉山製畳特製手作りチーズケーキ。

紅茶のほうが良かったかな。

後日、今日の内容をまとめ学校で発表するようです。どんなふうに仕上げるか楽しみsign01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

明日は職業インタビュー

いよいよ明日になりました。恒例の中学生による職業インタビュー。

今年で6年目になります。毎年2名ほどですが、どんな中学生が来るか楽しみです。

ところで、何故当店のような零細企業にわざわざ来るのか。他にもいっぱい事業所があるのにね。 

他と違うところと言えば「杉山製畳特製の手作りチーズケーキ」が食べれるからcake

確か、最初に来ると聞いた時なにか美味しいものでもと思って、それでチーズケーキを作るように。

ただ昨年は忙しくて作っている暇が無かったので市販のを買ってきましたが、今年は手作りのものを出すことにしました。

このチーズケーキは子供達の中でも話題になっているようで、あそこの畳屋に職業インタビューに行けばケーキが食べれるとlovely

畳屋よりもケーキが食べれるからインタビューに行く(まあそんなことはないでしょうが)

中にはケーキを出す頃を見計らったように来る先生もいましたが(笑)

インタビューの時間は1時間チョット。ホントはミニ畳でも作らせたいんですが時間が無いのでね(あと30分くらいは欲しいのに)

今年はどんな質問をしてくるのか。上手く答えられるかな?

※ きょう気が付いたんですがこのココログのブログ、いつのまにか絵文字が使えるようになってました。それで初めて使ってみました。コメントにも使えますのでみなさんぜひどうぞnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

20年ぶりの表替え

Statamiharime 今日の表替えは新しく入れてから20年目でした。20年間一度も替えてない(~_~;)

左の写真はへりの部分のUPですが、平刺しが綺麗でしょう?

平刺しといっても一般の人には分らないでしょうが畳のヘリを付けることですね。

針目が目立たないでしょう。これが当時使っていた「久保式」というメーカーの機械の良さです。20年前だったらこの機械ほど綺麗に平刺しが出来るものは無かったんじゃないかな(と思ってます)

普通の機械は家庭用のミシンと同じで針が上から下りてきます。ところが久保式は針が下から上がってくる。逆なんです。面白いですね~。

「返し」も手縫いのような感じでしかも軒が下がらない。このあたりは畳屋でなければ分らないと思いますが・・・。

最近は建材床が多くなってますが、ワラ床の場合よけいに機械の差(良し悪し)が出ます。といっても最新の逢着機は技術も進んでどこのメーカーも仕上がりは良くなっていると思います。

この畳は自分が納めたものですがカマチも手縫い。スミ留めも手で縫ってありました。まだカマチを縫う機械が無かったんですね~(スミ留めの機械もね) 機械の導入が遅かったのかな。

それで20年前といえばまだ「ひよっこ」でした。分る?ひよっこ?

ひよこの事ですがこの辺りじゃあひよっこ(まあ未熟ということ)

じゃあ今はどうか。あいかわらず「ひよっこ」(笑)

それじゃあダメじゃん・・・(笑点の春風亭昇太風に)

↓は当時の久保式逢着機で縫った「返し」の部分。 手縫いのようでしょう。今ではメーカーも違うので縫い方も違います。

Statamikubokaesi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

こんな本借りてきました

Statamibook 今日は静岡県でも御殿場の方はかなりの積雪があったようですが藤枝は冷たい雨です。東京も雪で大混乱とか。みなさんはいかがですか。

そんな中、今年になって初めて図書館に行ってきました。借りたのはこの8冊。

何となく読みたくなった経済、財政関連の本を何冊か。東国原知事の本もありましたので面白そうだとこれも。

ただ2週間しか借りられない。

だからいつも期限をすぎて2ヶ月も借りていることもしばしば。

そうすると図書館からハガキが来ます・・・「返して!」と(笑)

本というのは気持ちにゆとりがないとなかなか読めません。時間がどうこうよりもこの精神的なゆとりがないとダメですね。

好きな本をのんびりと読む・・・そうなりたいですね。

今回は全部読めるかな~? 半分くらい読んでまたハガキが来るかもね(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

急きょ作成

Ssbug8 急ぎの注文が入り6種類のバッグ作りました。

今回はこの柄のへりを選んでみました。

これも「へりのバッグはこちら」にUPしました。

それから当店のHP「こんにちは、杉山製畳です」も少しリニューアル。と言ってもそれほど変わっていませんが・・・。

昨年のチラシに載せた本人の写真ですがそのままHPにも載せました。もう少し良い写真が撮れたら差し替えるつもり(~_~;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »