« こんな本借りてきました | トップページ | 明日は職業インタビュー »

2008年2月 4日 (月)

20年ぶりの表替え

Statamiharime 今日の表替えは新しく入れてから20年目でした。20年間一度も替えてない(~_~;)

左の写真はへりの部分のUPですが、平刺しが綺麗でしょう?

平刺しといっても一般の人には分らないでしょうが畳のヘリを付けることですね。

針目が目立たないでしょう。これが当時使っていた「久保式」というメーカーの機械の良さです。20年前だったらこの機械ほど綺麗に平刺しが出来るものは無かったんじゃないかな(と思ってます)

普通の機械は家庭用のミシンと同じで針が上から下りてきます。ところが久保式は針が下から上がってくる。逆なんです。面白いですね~。

「返し」も手縫いのような感じでしかも軒が下がらない。このあたりは畳屋でなければ分らないと思いますが・・・。

最近は建材床が多くなってますが、ワラ床の場合よけいに機械の差(良し悪し)が出ます。といっても最新の逢着機は技術も進んでどこのメーカーも仕上がりは良くなっていると思います。

この畳は自分が納めたものですがカマチも手縫い。スミ留めも手で縫ってありました。まだカマチを縫う機械が無かったんですね~(スミ留めの機械もね) 機械の導入が遅かったのかな。

それで20年前といえばまだ「ひよっこ」でした。分る?ひよっこ?

ひよこの事ですがこの辺りじゃあひよっこ(まあ未熟ということ)

じゃあ今はどうか。あいかわらず「ひよっこ」(笑)

それじゃあダメじゃん・・・(笑点の春風亭昇太風に)

↓は当時の久保式逢着機で縫った「返し」の部分。 手縫いのようでしょう。今ではメーカーも違うので縫い方も違います。

Statamikubokaesi

|

« こんな本借りてきました | トップページ | 明日は職業インタビュー »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

みったんGO無沙汰してました。

今日の中日新聞に、「子の集中力、畳でアップ」
って出てましたよ。

イグサはこどもの集中力を持続させる効果があるそうです。香りや色、感触が適度に緊張をほぐすんだって。
北九州市大の教授が福岡市内の塾で調査済みです。

すごいね!!これからは畳の時代ですよ!!
リラックス効果があるんだね・・・・・・うちの20年の畳じゃダメだろうけどさぁ~。

投稿: 菜々子 | 2008年2月 6日 (水) 17時55分

菜々子さんこんばんは。

どこかの新聞にも畳の部屋で勉強した子供の方が成績が良いなんてことが載ってましたが、確かになんか効果があるようです。

癒しの効果もあるようですし。

それから良い畳表ほど年数が経つと味が出てきます。つやが出てきて綺麗なアメ色に焼けてなんともいえない風になります。

20年? もう替え頃ですね~。ぜひとも国産表を使ってね!


投稿: 杉山製畳 | 2008年2月 6日 (水) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/17957085

この記事へのトラックバック一覧です: 20年ぶりの表替え:

« こんな本借りてきました | トップページ | 明日は職業インタビュー »