« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月24日 (土)

またまた「Cタイプ」

先日も「Cタイプ」の表替えをしましたが今回のは畳床もシッカリとしたもので施工そのものは手間はかかりませんでした・・・と言いたいところですが実はそうでもありませんでした。

湿気のためホッチキスの針がベニヤに食い込んだ部分が錆びて腐っています。結果、針が抜けずに残ってしまいます。

これが厄介で残った針先はプライヤーで何とか抜きましたが時間を食いました。

元々この時代のCタイプはホッチキスでの施工を前提としているので(多分)

平刺しはこんな感じ。フォームを上下ベニヤで挟み込んであります。

Statamict

それで次の事を考え返しはホッチキスはやめて平刺しの糸に掛けて(すくって)みました。これなら湿気で錆びることもなく次回の施工も手間が掛かることも無いでしょう。

でも、次はもう表替えをすることもないかな・・・

これで20年近く経っているからあと20年持ったとして40年dash

Statamict2

そこまで使えるか?

ところで、このCタイプの返しですが機械で出来るんでしょうか。下側にもベニヤが入っているし・・・どうなんでしょう。

畳屋さんで知っている方いますかね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

チラシの裏側に・・・

先日の日曜日(航空祭のあった日)ですが当店にエビメダカを欲しいという方がみえました。

いつも配っているチラシの裏側に「ミナミヌマエビクロメダカ差し上げます」と書いてあるのを見てご来店。

たまたま私が留守だったのでメダカのみ持って帰っていただきました。ミナミヌマエビは水草の陰にかくれて見つけるのが大変なので。

まあ仕事に直接結びつかなくてもチラシを見てくれただけでもありがたいことです。読まずに捨てられることを思えばね。

それで来店された方が驚いていたのが屋外での飼育。

一般的にはガラス水槽にポンプで水を循環、もしくはエアーレーションで飼うのが普通でしょう。冬場はヒーターで加温。

ところが我が家ではクロメダカは屋外で水の循環装置も無く雨水が入る状態。もちろんエアーレーション無し。

夏場は水が減ったら足しますが基本的に何もしません。ただ水草・藻が沢山あるので酸素はこれから補給されます。栄養分も水草が吸収。

一番重要なのが太陽光sun。これがすべての源かと思います。室内でも飼育したことがありますが屋外で太陽光を浴びたメダカは元気そのもの。特にミナミヌマエビは驚くほど大きく育っていますup。(冬場は0度近くまで下がる厳しい環境下ですが)

鑑賞用だったら室内でのガラス水槽が良いかと。

それから180Lのプラフネで飼っているので水量が多いため、水温変化・水質変化が小さいのも好条件です。

この青いプラフネにはエビが200匹以上隠れてます(数えたことありませんがcoldsweats01

これから子メダカがたくさん生まれます。飼ってみたい方遠慮なくどうぞ。

Statamimeaka ※ 180Lの容量はお風呂の浴槽の水量並み。水槽の中に茶色のプランターがあるでしょう。田んぼの土が入っています。これがポイント!

不思議と水が安定します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

恒例の航空ショー

ここ何年か欠かさずに行っている大井川町にある「静浜基地」の航空際airplane

家からバイクで30分ほど。車と違い駐車場の心配もしなくて良いので今回もバイクで。

発表では8万人の人出だそうですがどうみてもそれ以上いたようです。いつものバイク置き場が溢れていましたから。メイン会場のエプロンも下のコンクリートが見えないほどでした。お昼休みで少し空いてこの状態。

Skoukuu1

ただ曇っていてcloud風があったのでブルーインパルスのスモークが流れてしまって残念でしたが。青い空に白のスモークなら映えたんですがね~。

Skoukuu2

顔が面白いのでついつい・・・。イモ虫? 輸送機で機体もずんぐりした感じで大きいんですが思ったより短い距離で離陸。今回も帰投まで見送ってきましたがこのC-1輸送機は地響きがするほどの轟音で飛び立っていきました。ブルーインパルスより迫力がlovely

Skoukuu3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

小学生 ご来店!

昨日のことですが、地元の小学2年生の皆さんが当店に来ました。

なんでも商店街の探検だそうで。それと苗も買いにきたようです(授業で使うらしい)

最初は外から仕事の様子を見ていましたが見えない子供もいたので中に入って見学。

その中の一人が「私、畳屋さんになる!」と(確か女の子だったような)

そうしたら他にも「私も畳屋さんに・・・」(えっ!)

いきなりこんな事言われたのでビックリしましたがチョット嬉しいやら複雑な気持ちでしたが、それでも畳に関心を持ってくれたから良かったかな。

畳表の端切れがあったので「新しい畳表」の匂いを嗅いでもらいました。「良い匂い」と言ってくれた子供もいましたが「家の畳を嗅いでみる」と言った子供がいましたが・・・。

残念ながら新品でないとこんな匂いはしないんだよね~。でも新しい畳と古い畳の違いがわかる! そう思えばこれまた勉強になります。

その子の家の畳はどうだったでしょう?

ついでに縁(へり)も見せたらそれも嗅いでいる子供もいましたcoldsweats01  良いですね~この年頃は何にでも興味があるから。こういうのが大事です。手に持って触って体験・・・教育の基本ではないかと。

Statamichi

このあと、奥の「和裁のコーナー」に御案内dash そこでも色々と質問があったようです。

あと何年後かに中学生になったら職業インタビューに来る子供がこの中にいるかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

へりの見本帳

普通、畳屋さんのへりの見本はそれぞれの畳屋さんが作った(そろえた)独自の見本を使っていると思います。このあたりは内装屋さんのクロスや襖の見本とは違います。

お客様に製造メーカーのへりのカタログを見せる畳屋さんは少ないでしょう(中にはいるかな)

なぜ畳のへりの見本は畳屋さん独自のものを使うのか。

その前に畳のへりは製造メーカー材料問屋畳屋とこんなルートで入ってきます。たまにメーカー直送なんてこともありますがほとんどは材料問屋から仕入れます。

それでへりの種類は何百とあるので問屋でもすべての種類を在庫として置くわけではありません。自ずから売れ筋というか畳屋さんが良く使う(買う)をへりを在庫します。

畳屋としてもメーカーのカタログをお客様に見せた場合、仕入れ問屋に無い場合もある。問屋としても普段売れないものを仕入ないから「在庫で置いて」と言ってもあまり良い顔しない。その場合メーカー直送なんてこともありますがかつては100畳単位でないとダメなんてことも。

だから材料問屋に在庫としていつもあるへりを見本の中に入れます。

それから畳屋独自のへりの見本帳を作る大きな理由は不良在庫を抱えたくないから。

畳のヘリは購入単位(畳屋さんがね)が40畳巻き~50畳巻きになります。高級品、たとえば純綿なんかは10畳単位。

たまに変わったヘリの注文があって6畳だけ欲しいのに40畳分買わなければならない。ところが34畳分は残ってしまい何年も在庫としてず~っとあるなんてことも。

一時期、へりのメーカーが設計事務所に売り込んだようで設計屋さんからこれと同じ物とカタログ見本を見せられ苦労して探したのに大半が残ってしまって未だに沢山残っていますcrying

へり付き畳が高級品だった時代、へりは綿の黒くらいしか無かったのに今では畳屋でさえ見たこともないものがあるほど多種多様です。

そんなわけで当店としては普段から店に在庫としてあるヘリ(いつも問屋に在庫)をお客様に選んでもらうよう独自の見本帳を作っています。

だいたい30種類ほどありますがその中でも良く出るのは15種類ほど。

↓上の横長のが以前からのもの。下が新しく加えたもの。

ダブっているものもありますが。

Statamikatarogu

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

新作です・・・

Statamimr802

今日、注文しておいたスピーカーユニットが着ましたので夜に片方だけ組み立ててみました。

口径8センチ。

側板を残しほぼ接着。レールで圧しをします。カットの精度が凄いので組み立ては容易です。仕上がりの90%以上がカットで決まってしまいます。

待てないので仮組して鳴らしてみました。この状態でもかなり良いです。聴いたら驚くでしょう。ラジカセ並みの大きさでありながらそれとは比べようもない音が飛び出してきます。

明日の夜にもう片方を作る予定。

スピーカーの相談はぜひ当店へどうぞ(笑)

Statamimr80_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

反響がありました

「お茶の香ロード」でへりのバッグを販売したところみなさん興味を持ってくれたようで何点か売れましたhappy01

お茶屋さんの一角を借りて3日のみでしたが出店した甲斐がありました。さらに他の柄の注文も。

当店の宣伝にも多少役立ったかな。

3日のみでしたが翌日もバッグが欲しいとのお客様があったようです。初日に見て翌日に買いに来たのかも。

私は3日、4日と表替えの仕事でお茶の香ロードには行けませんでしたが、畳を納めたあとチョット茶町通りを車で通過・・・「あっ、ココで売っていたんだ」と横目で見ながらeye

例のチェッカーフラッグの柄が人気だったようでした。もうこのへりは無くなってしまったので入荷待ち。同じ柄で色違いも作ってみます。

今日はスピーカーの組み立てのお手伝い。こんなに小さい「箱」は初めてですが塗装して組みあがったら皆さんにお見せします。手のひらに乗るほどの可愛らしいものです。

Statamitb2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

新柄です

Statamiherinew 明日の「お茶の香ロード」の為に新しいヘリの柄で何種類か作ってみました。

レースに使うチェッカーフラッグmotorsportsみたいです。

このへりは畳に付ける場合、かなり気を使います。通りが出ないと見苦しいし、へりの吊り方によっては四角いマスが歪んでしまうこともある。

もう一つこんな物も。着物の「正絹」で作ってみました。

畳のへりとは違った面白さがあります。途中でつないであるように見えるでしょう。でも、こういう柄なんです。

Sryuukimono

いかがでしょう? 

お天気が心配ですが・・・rain

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »