« 新作です・・・ | トップページ | 小学生 ご来店! »

2008年5月11日 (日)

へりの見本帳

普通、畳屋さんのへりの見本はそれぞれの畳屋さんが作った(そろえた)独自の見本を使っていると思います。このあたりは内装屋さんのクロスや襖の見本とは違います。

お客様に製造メーカーのへりのカタログを見せる畳屋さんは少ないでしょう(中にはいるかな)

なぜ畳のへりの見本は畳屋さん独自のものを使うのか。

その前に畳のへりは製造メーカー材料問屋畳屋とこんなルートで入ってきます。たまにメーカー直送なんてこともありますがほとんどは材料問屋から仕入れます。

それでへりの種類は何百とあるので問屋でもすべての種類を在庫として置くわけではありません。自ずから売れ筋というか畳屋さんが良く使う(買う)をへりを在庫します。

畳屋としてもメーカーのカタログをお客様に見せた場合、仕入れ問屋に無い場合もある。問屋としても普段売れないものを仕入ないから「在庫で置いて」と言ってもあまり良い顔しない。その場合メーカー直送なんてこともありますがかつては100畳単位でないとダメなんてことも。

だから材料問屋に在庫としていつもあるへりを見本の中に入れます。

それから畳屋独自のへりの見本帳を作る大きな理由は不良在庫を抱えたくないから。

畳のヘリは購入単位(畳屋さんがね)が40畳巻き~50畳巻きになります。高級品、たとえば純綿なんかは10畳単位。

たまに変わったヘリの注文があって6畳だけ欲しいのに40畳分買わなければならない。ところが34畳分は残ってしまい何年も在庫としてず~っとあるなんてことも。

一時期、へりのメーカーが設計事務所に売り込んだようで設計屋さんからこれと同じ物とカタログ見本を見せられ苦労して探したのに大半が残ってしまって未だに沢山残っていますcrying

へり付き畳が高級品だった時代、へりは綿の黒くらいしか無かったのに今では畳屋でさえ見たこともないものがあるほど多種多様です。

そんなわけで当店としては普段から店に在庫としてあるヘリ(いつも問屋に在庫)をお客様に選んでもらうよう独自の見本帳を作っています。

だいたい30種類ほどありますがその中でも良く出るのは15種類ほど。

↓上の横長のが以前からのもの。下が新しく加えたもの。

ダブっているものもありますが。

Statamikatarogu

|

« 新作です・・・ | トップページ | 小学生 ご来店! »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

職業柄、畳の縁って原価どのくらいだろうって。

気になりました。。。(汗)

投稿: マンキ@oyatiti2 | 2008年5月13日 (火) 23時37分

それは秘密です(笑)

でも想像できるでしょう。畳の単価からすると。

考えてみましょうthink

投稿: 杉山製畳 | 2008年5月14日 (水) 21時30分

はじめまして。
千葉県のニブヤと言います。
かなり前から見させていただいていますが初めてコメントします。
自分もへりのメーカーの売り込みでの影響で在庫が少しずつ増えています。。
大手なんだから6帖や8帖で売って欲しいですよね!

投稿: ニブヤ | 2008年5月21日 (水) 21時25分

こちらこそ、はじめまして。

ニブヤさんのブログもたま~にですが拝見してます。

仕事柄?人柄がうかがえるブログでなるほどと感心しています。

へりですが小口で売ってほしいよね。
そうすればもっと色んなへりを試せるんですけど。
メーカーもそのほうが良いと思いますが。

小口販売でシェアを伸ばす・・・こういう方法もありかなと。

でもヘリって難しいですね。付けて映えるものとそうでもないのがあるから。単価の高いものが良いとは限らない。逆に安いものでも意外と付けたら良かったものもあります。

このあたりは面白いですね。

それでは~(^^)/~~~


投稿: 杉山製畳 | 2008年5月21日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/41167218

この記事へのトラックバック一覧です: へりの見本帳:

« 新作です・・・ | トップページ | 小学生 ご来店! »