« 恒例の航空ショー | トップページ | またまた「Cタイプ」 »

2008年5月22日 (木)

チラシの裏側に・・・

先日の日曜日(航空祭のあった日)ですが当店にエビメダカを欲しいという方がみえました。

いつも配っているチラシの裏側に「ミナミヌマエビクロメダカ差し上げます」と書いてあるのを見てご来店。

たまたま私が留守だったのでメダカのみ持って帰っていただきました。ミナミヌマエビは水草の陰にかくれて見つけるのが大変なので。

まあ仕事に直接結びつかなくてもチラシを見てくれただけでもありがたいことです。読まずに捨てられることを思えばね。

それで来店された方が驚いていたのが屋外での飼育。

一般的にはガラス水槽にポンプで水を循環、もしくはエアーレーションで飼うのが普通でしょう。冬場はヒーターで加温。

ところが我が家ではクロメダカは屋外で水の循環装置も無く雨水が入る状態。もちろんエアーレーション無し。

夏場は水が減ったら足しますが基本的に何もしません。ただ水草・藻が沢山あるので酸素はこれから補給されます。栄養分も水草が吸収。

一番重要なのが太陽光sun。これがすべての源かと思います。室内でも飼育したことがありますが屋外で太陽光を浴びたメダカは元気そのもの。特にミナミヌマエビは驚くほど大きく育っていますup。(冬場は0度近くまで下がる厳しい環境下ですが)

鑑賞用だったら室内でのガラス水槽が良いかと。

それから180Lのプラフネで飼っているので水量が多いため、水温変化・水質変化が小さいのも好条件です。

この青いプラフネにはエビが200匹以上隠れてます(数えたことありませんがcoldsweats01

これから子メダカがたくさん生まれます。飼ってみたい方遠慮なくどうぞ。

Statamimeaka ※ 180Lの容量はお風呂の浴槽の水量並み。水槽の中に茶色のプランターがあるでしょう。田んぼの土が入っています。これがポイント!

不思議と水が安定します。

|

« 恒例の航空ショー | トップページ | またまた「Cタイプ」 »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やはり、興味のある人はしっかり見ているんですねえeye
うちのランチュウたちも、夏に向かうにしたがってますます元気。人が来るとパクパクしています。
メダカもどこかに隠れてはいますが、元気なようですよcoldsweats01子供メダカがちょっと大きくなったらまた里子にもらいたいですhouse

投稿: じんじん | 2008年6月10日 (火) 20時27分

ランチュウも元気そうでなによりです。

メダカですが稚魚が何匹か見えましたが、我が家の場合はほったらかしのため稚魚が生まれても食べられている可能性があります。

もっと言えば卵の状態で親メダカに食べられているかも。

繁殖目的であれば少ない水草で卵を産んだらすぐ隔離。そうすればかなりのメダカが孵るでしょう。

他にもトンボのヤゴも潜んでいるようで、メダカも餌になっているみたいです。

それでもまあ良いかと思ってます。


また里子に出しますのでヨロシク。

投稿: 杉山製畳 | 2008年6月11日 (水) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/41287401

この記事へのトラックバック一覧です: チラシの裏側に・・・:

« 恒例の航空ショー | トップページ | またまた「Cタイプ」 »