« 頂きもの | トップページ | ただの「糸引き表」ですが・・・ »

2008年7月26日 (土)

5ミリのことで

Statami25 最近は薄い畳に遭遇することが多くなりました。特に大手のハウスメーカーに多いようで中には厚さ10ミリや15ミリなんてのも。

これもコストダウンの影響で畳にしわ寄せがきた結果だと思います。バリアフリーという体の良い言葉がありますがそのためか畳寄せも高さが低くなって薄い畳になってしまう。和室だったら寄せを下げりゃあ良いんですが手間も掛かるからそれをしない。

今日の表替えも薄い畳で厚さ(仕上がり)が1寸・・・約3センチ。普通は2寸くらい(6センチ)。

厚さが3センチの畳だからベースとなる畳床は25ミリ。ところがカマチを縫う機械がこの厚みに対応していない。縫えないことはないけどかなり厳しい。なんせ機械が古いもんでcoldsweats01

最近の機械であれば薄畳対応で問題はありませんが当店のは年代ものだから。

それで何とか針の傾きを調整し(これしか出来ません)縫いましたが画像のようにこんな感じ。タタミ面からわずか7~8ミリのところに針が。もっと針の刺さる位置を下げることは出来ますがそうすると下側の針の出る場所が手前になってしまい上手くない。結果この位置になってしまって。

薄畳も縫えるカマチの機械は曲がり針を使っているのかな?

あと5ミリ厚かったらもう少し楽に縫えたかもしれない。逆に5ミリ薄く20ミリの畳床だったら無理だったかも・・・?

畳表を張り終わったら次は逢着機で縁を縫いつけて仕上げるわけですがこれまた薄い畳は苦手としています。特に返し(へりを付ける最後の工程)はやっぱり針の位置がギリギリ。

まあ以前使っていた久保式の機械ではどうにもなりませんでしたが、現在の逢着機はどうにかなるから良かった。

畳表は今まで付いていた表と同じ糸引きを付けましたがこんどのは聖さんとこの天一表・4番綿。 中国産→本物の国産表に。もう早期に剥けることは無いでしょう。

寸法が普通より3寸(9センチ)以上小さいので下前を切ったらこんなに捨てることになります。向きの違いで色が違って見えますが同じ畳表です。

Statami254bann

|

« 頂きもの | トップページ | ただの「糸引き表」ですが・・・ »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

ご使用いただきありがとうございました。
それだけ切ったら縁際の白っぽさも消えたのでは?
だと安心なのですが~^^;

投稿: せい | 2008年7月29日 (火) 12時54分

せいさん、こんばんは。

チョット、根白についてお聞きします。

一般的に畳表を評価(選ぶ)するのに縁際の根白(根上がり)も判断の一つとしています。

根白があるより無いほうが良い。まあ当然ですが。

根白がある畳表はどうなんでしょう? 焼けた場合この根白は?

根白が無く赤が多い畳表と根白があっても赤が少ない畳表(同クラスを比べた場合)

生産者はどう評価するんでしょう。

あと突き出しですがあまりこだわらないほうが良いんでしょうか? 判断の一つではあるんでしょうが・・・。

投稿: 杉山製畳 | 2008年7月29日 (火) 21時36分

長くなりそうなのでメールにしようと思いましたが
この場を借りてお答えします。

根白は焼けた場合は消えてしまうというか気にならなくなると思います。
(これは私の取引先の畳屋さんから寄せられている話です)

根白がなければ良いのですが
たまに入ることがあります(1~3番)
しかし、私のお取引先の畳屋さんは
ほとんどの方が「根白OK」の方なので気にしていないです。
むしろ根白を畳表の中に入れて赤草を減らした方がよいとおっしゃいます。

それはちょっと極端な話だとは思っていますが
私に限っては根白よりは赤草の方が気になります。

また、4番、5番に関しては縁際が白いですが
これに関しては下級品であり、どうしようもないところもありますのでほとんど気にしていないです。
4番の根白に関して去年よりご指摘を受けているのは
杉山さんだけなので、多少気を遣っているつもりですが
「大丈夫かな・・・」と思いながら出荷しています。
「あの時の30枚のうち10枚は縁際目立ったなあ~」とか。
出荷後もビクビクしています。ホントです。
なのでこうやってばっさり切られるとホッとしたのです。
杉山さん限定の私なりの感覚です。

ちなみに去年は突き出しを長くして根白が減ったと
お互い話したと思いますが、あれは我が家としては根白を
気にしたのではなく、たんに赤草が少なく
見栄えをもっとよくできそうだったのでそうしました。
今年は赤草が多めだったのでできなかったんです。

突き出しが長くても赤草が少なければいい畳表でしょう。
しかし突き出しが短くてもいい畳表はあります。
それはい草が短かった時などそうできるし
本来い草に合わせて突き出しは変えた方が
いいのだとは思います。

畳屋さんが「売りにくい」と言われるので私はできるだけ変えずにやっていますが。

以上、あくまで私の主観での物言いでした^^


投稿: せい | 2008年7月30日 (水) 18時27分

せいさん、丁寧な説明ありがとうございます。

聞いて良かったです。

なんかスッキリとした感じでsun

>根白は焼けた場合は消えてしまうというか気にならなくなる・・・

そう、そうなんですよね~。赤草は焼けた場合目立つけど根白はなくなってしまうからね。

>「あの時の30枚のうち10枚は縁際目立ったなあ~」とか。出荷後もビクビクしています。

ゴメンナサイネ。もうビクビクしなくても良いです(笑)
みなさんと同じように織ってください。

>突き出しが長くても赤草が少なければいい畳表でしょう。
しかし突き出しが短くてもいい畳表はあります

おっしゃるとおり。突き出しが短くても良い物もあります。ようはイ草そのものの質がどうかだと思います。
だから突き出しはひとつの目安程度として考えたほうがね。


また何かあったら質問します。その時はよろしく~m(__)m

投稿: 杉山製畳 | 2008年7月30日 (水) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/41977254

この記事へのトラックバック一覧です: 5ミリのことで:

« 頂きもの | トップページ | ただの「糸引き表」ですが・・・ »