« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

喫茶店デビュー

いつもの喫茶店「苑」

決まったように週に一度、夕方閉店間際に行きます。

今日も雨の中行ってきましたが、例のスピーカーをへりのバッグに入れ店の中へ。

さっそくマスターに見せると「小さいね~」と。店が空いた時にでも鳴らしてと置いていくつもりでしたがすぐにでも聞きたいと、もうスピーカーを手にアンプの方へ。

「サックスなんか良いよ~」と言ったらアートペッパーのCDを投入。

我が自作スピーカーの「苑」での初お披露目です。

家で聞くよりかなりの音量で鳴らしましたが艶やかな音が空間に広がりました。ひじょうに生々しいというか張り出すような音で、とても5センチから出てくるとは思えないほどでした(ユニットの能力を100%引き出しているのかな)

マスターも驚いていましたがそばに居た八木洋行氏も関心していました。「またJAZZ喫茶をやったら」なんてことをマスターに。

閉店まで鳴らしてもらいましたが確かにJAZZ喫茶ならかなり良い感じです。ただ今は色んなお客さんが来る店だから「聞かせ過ぎてもいけない」

このあたりは難しいところで、あまり耳につかないようさりげなく流れるBGMのようなものでないとね。

結果、店のスピーカーは「JAZZならこれ」というアルテックでもJBLでもなくイギリス製のわりと落ち着いたもの(大きくもなく地味なもの)。 色んなものを試してやっとココにたどり着いた・・・そんなスピーカーです。変な表現ですがスピーカーの存在を感じさせない。開店~閉店までほぼ1年中鳴らすにはこれしかないでしょう。

そんなわけで耳の肥えたマスターと八木洋行氏からは好評をいただき良かったですlovely

※ 八木洋行 ・・・ おそらく静岡県民だったらだいたいの人は知っているでしょう? SBSラジオの「すっとんしずおか昔話」は有名でもう放送900回を越えるとか。藤枝市在住で日本民族学会会員。静岡の歴史・文化に造詣の深く各地で公演も行っています。

Statamisonosp

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

もったいないけど

まだ3ヶ月しか経っていません・・・表替えをしてから。

それをまた表替え。見てのとおり綺麗でしょう!

これはアパートの部屋の畳ですが新たに入居者が決まったのでこんなに綺麗でも表替え。 昔なら裏返しをしたんですが最近では表替え。

確か5月の連休過ぎに納めたものですが実際はほとんど使っていなかったのでは。アパートのドアを開けたら「クリーニング済」の紙が貼ってありました(日付は8月末)

畳屋が言うのは変だけど「まだ使えるじゃん」。 仕事が来るのは嬉しいんですが、でももったいない。

それでこのアパートですが築20年。畳の部屋は6畳×2間だったんですが退去する度に畳の部屋が減っています。和室1間が→フローリングに変更。

最近多いんです、和室からフローリングにするのが。和室が2間あれば一部屋はフローリングに。

何故か? 畳の部屋ばかりだと借り手が敬遠するそうです。特に若い人はね。

結果、和室が減って畳の仕事も減る。

最近建ったアパートはおそらく畳の部屋は無いでしょう。洋間のみ。あと10年もしたら借家から畳が消える?それほどの状況ではないでしょうか。

当店のように借家の仕事はほとんど無い(たま~にあります(^_^;))から影響はそれほどでもありませんが、借家の仕事が多い畳屋さんは厳しいだろうね。

ましてや安売り業者が借家関係に入ってきているから・・・。単価も町の畳屋さんよりかなり安いらしい。

その少なくなってきている借家の畳を奪い合っている・・・当然単価も下がる。借家の場合とにかく安ければ良いので当然のことか?

不思議なのが借家の仕事が当店に来るということ。例の安売りのチラシを大家も見ているはずなのに(なぜもっと安いトコに頼まないんだろう)

借家の仕事ですが、単価も当店は安売り業者より高いけど町の畳屋さんより安いという微妙な位置(笑)

まあ、中にはいい加減な仕事をする業者もあるようだからそういう面では信用があるのかな(と勝ってに思っています)happy01

Statamiapa

※シミも傷もなし。綺麗なもんです。3階だったのでチョット大変でしたが・・・。当時出回った中国産の麦床でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

やっと完成

7月ころから作り始めたスピーカーですがやっと完成。

趣味のHP「ミッタン ファクトリー。」に載せようかと思いましたがオーディオのカテゴリーが出来たのでこちらに。

組み立てそのものは1月以上前に出来たんですが塗装に手間取ってしまってそれで・・・。

材質がMDFという木くずを固めたようなものでラワン合板に比べ密度は高いようです。ただこのMDFの塗装に難儀して5回もやり直し。結果1月以上かかったわけです。

使った塗料が水性ニス、油性ニス、アクリル、ウレタンと色々やってみたわけですがどうも上手くいかなくて。塗料のノリが悪いとでも。まあ、塗装の知識がないのが一番の理由ですが・・・

最後に使ったのが普通の安いスプレー式のアクリルラッカー。つや消しの黒でなんとか塗料がノッテくれました。

それにしてもMDFは難しいwobbly

このスピーカーですが見てのとおり手のひらに乗るほどの小さなもの。ユニットは5センチ。箱の大きさは高さ16×幅9×奥行き12(センチ)

多少でもスピーカーの知識がある人なら「こんなのでまともな音が出るわけ無い」と思うのが普通。たかだか5センチだからね。

でも違うんです。音のキレ、スピード感、音楽性は想像以上。分解能が高いとでも・・・あくまでも主観ですがhappy01

喫茶店なんかでBGMに流すのには最高じゃないかと。希望するお店がありましたら貸し出しますが(笑)

Statami800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

せいさんの「ひのみどり表」

決まったようにお昼過ぎに届く畳表。

仕事場と住まいとが離れているのでお昼が終わってから店に行くと・・・いつも置いてあります。

今回は来るのがチョット遅く、店で台風のニュースを見ていたら佐川のお兄さんがドシャブリの中必死で車から降ろしていました。 こんな時ヘタに手伝わないほうが良いんですね~、邪魔になる場合があるからcoldsweats01

今回は4番草の「ひのみどり表」・・・縦糸は綿糸です。

いつも在来種しか取ったことが無いんですが初めての通称「糸引きのひのみどり」

開けてみて「ふ~ん、なるほど、これがね~」と(納得してます)

この畳表も使い道によっては十分です。

一般的にこのクラスは下級品にあたりますが下級品=安物とは考えていません。あくまでも対価格でみるべきで同クラスの国産と比べても良いんじゃないかな(・∀・)イイ!

使う頻度が低い部屋なんかにはこの畳表はいかがでしょう?。低価格でも純国産(もちろん無着色)  安く上げたい方にもオススメです! 

60枚ほどあります。

価格?・・・5,250円ですlovely

Statamisei4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

格安チラシ業者との遭遇?

先日のことですが、仕事の見積もりの依頼がありました。表替えということでしたが伺ったところ「裏返しできる?」と。

どちらかというと出来る?でなく裏返しをして欲しい・・・そんなふうに感じました。

「裏返し?・・・coldsweats01

17年目だからどうかなと思い1畳だけ逢着糸を切って裏側(今度表になる方)を施主にも見てもらいました。以外にも青味があるし施主もこれくらいなら良いでしょうという事に。

一般的に17年経っていたら裏返しは勧めません(やりません) やってもそれほど綺麗にならないから。これだったら表替えです(まあ普通の畳屋さんも多分同じでしょう)

ただそれほど使っていないので状態は良い(あくまでも表面から見た感じですが) それでも染みがあったりしたらそれが表側に出てしまうこともある。

結果「じゃあ裏返しをやってみましょう」と言ったら施主の方が「出来るの!」と驚いていました。

ここで格安業者の登場。

実は当店に頼む前に格安業者に電話して来てもらい見積もりを取ったそうです。普通は個人の畳屋と値段を比較して安い業者に頼む。おそらくこんな流れでしょう(価格だけで比較するならね)

で、その業者に「裏返しは出来る?」と聞いたら「絶対に出来ない!」と言われたそうです。絶対に・・・catface

このお宅は3間通し(みまどおし)で大きな大黒柱が2本あります。当然ながら畳に切り欠きがあり、その欠いた部分は畳表を中に折込んで(曲げて)あります。だから普通に裏返しをすると手前側(上前というんですが)に曲げた部分が出てしまう・・・折り傷が見えてしまうとでも。

こんな場合は(たまたま通し)なので左右の畳の畳表だけ入れ替えて曲げてあった部分は隅の目立たない方に持っていけば何とかなります。と簡単に言いましたが畳はそれぞれ大きさが微妙に違うのでそう簡単にはいきません。

みなさん、分るかな? 

それ以外にも染みがところどころあったのでやり繰りして何とかなりました。

ここでまた例の業者の登場。

まず「絶対に出来ない!」というのは切り欠きがある畳が何枚かあること(面倒くさいし手間が掛かるから)それと17年使ってるから。

この17年目が一番のポイントかも。

17年と聞いて機械的に「無理」→「即表替え」→「良いお客さん」と思ったかどうか・・・(* ̄ー ̄*)

それでビックリしたのがこの業者の表替えの金額! ここでは公表しませんが驚きの価格。いくら市松表でもうちではこんな金額はもらえません(純国産表を使ってもね) 一般的にみてもこんなに高い金額の畳屋さんはいないんじゃないか・・・それほどです。

でもシロウトの何も知らないお客さんだったら「市松表は高いんですよ」と言えばそうかなと思ってしまう。一般的な畳替えの金額は知らないでしょうから。特にこのお宅のように畳の枚数が多い場合は高額になってしまう。

ちなみにその金額とは当店の裏返しの価格×6倍近いとでもup

そんなわけで格安業者より当店を選んでくれたこのお宅には感謝です。

※ 17年目の市松表の裏返し。思っていたより綺麗になり喜んで頂きました。大黒の切り欠きや染みやら色々ありましたが上手い具合に収まり良かったです。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

いつのまにか届いてました

Statamisei3_3 聖さんの「天一表」・・・麻引きです。

いつもなら出荷の連絡があるんですがお昼休みが終わって仕事場に行ったら・・・置いてありましたdash

今回の畳表は「ひのみどり表」。 本当は在来品種の畳表が欲しかったんすが都合で。というより聖さんの作ったひのみどり表はどんなもんだろう?と思ってね( ̄ー ̄)ニヤリ

当店は在来種の割合が多く、ひのみどり品種は全体の3割くらいか。

それで開けてみました。いつも梱包を解く時は楽しみなんです。どんなんだろうとeye

ふんふん、なるほど。 良いんじゃないですかhappy01 聖さんのひのみどり表は初めてですが・・・。

ところで、以前(かなり前ですが)は麻引きの畳表というのを使ったことがありませんでした。正確に言えば知らなかった。親方が広島のマニラ麻ばかり使っていたので熊本の麻引き表を見た時は「ふ~ん、こういう畳表があるんだ」と・・・そんな記憶があります。

今では麻引き表を使うことも多くなりましたが、へたった畳床や建材床には付けやすく「対価格・見た目・耐久性」を見た場合コストパフォーマンスが高いと思います。

特に聖さんの「3番麻」は良いです! オススメですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

やっぱり「純綿の黒」は良い!

Statamimenn2 かつて、と言ってももう何十年も前のことですがへり付き畳といえば無地の純綿のヘリ。しかも黒。

麻のヘリなんかもあったようですがそれでもこの純綿の黒が主流でした。

最近ではポリエステル等の化学素材のへりばかりで綿のへりを使うことは少なくなりました。

でもこの「純綿の黒」は品があります。特に良い畳表には合います。

家の格が上がる。そう言っても良いほどです。

この畳は表替えから8年目にして裏返し。画像は8年使ったへりと畳表。

裏返したら・・・かなり綺麗になりました。前回は純綿双糸畳縁でしたが今回は普通の純綿縁。

客間なんかにはもってこい。

黒以外にも茶、紺の純綿縁もオススメです。化繊の縁に比べチョット高くなりますが・・・。

それにしても縁の種類が増えたよね。選ぶのに迷うほど。こんなの売れるんだろうか?・・・というものもあります。

それに値段の高い縁が良いかというとそうでもない。安い縁でも付けて映えるものもあります。見本だけではなかなか分らないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

こんなものが

時間は夜10時半。

福田首相辞任の突然のニュースに耳を傾けながらスピーカーの塗装をしていたら、車庫の入り口にクワガタがeye

ノコギリクワガタ(体長5センチのオス)

こんな田舎でも最近は見かけることも少なくなりました。子供の頃はよく捕ったんですがね~。今ではペットショップなんかでも売っているようですが・・・。

しばらく見ていましたがじっとして動きません。このあと何処へ行くんでしょう? さわらずそのままにしておきました。 

Statamikuwa

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »