« もったいないけど | トップページ | 口コミ »

2008年9月30日 (火)

喫茶店デビュー

いつもの喫茶店「苑」

決まったように週に一度、夕方閉店間際に行きます。

今日も雨の中行ってきましたが、例のスピーカーをへりのバッグに入れ店の中へ。

さっそくマスターに見せると「小さいね~」と。店が空いた時にでも鳴らしてと置いていくつもりでしたがすぐにでも聞きたいと、もうスピーカーを手にアンプの方へ。

「サックスなんか良いよ~」と言ったらアートペッパーのCDを投入。

我が自作スピーカーの「苑」での初お披露目です。

家で聞くよりかなりの音量で鳴らしましたが艶やかな音が空間に広がりました。ひじょうに生々しいというか張り出すような音で、とても5センチから出てくるとは思えないほどでした(ユニットの能力を100%引き出しているのかな)

マスターも驚いていましたがそばに居た八木洋行氏も関心していました。「またJAZZ喫茶をやったら」なんてことをマスターに。

閉店まで鳴らしてもらいましたが確かにJAZZ喫茶ならかなり良い感じです。ただ今は色んなお客さんが来る店だから「聞かせ過ぎてもいけない」

このあたりは難しいところで、あまり耳につかないようさりげなく流れるBGMのようなものでないとね。

結果、店のスピーカーは「JAZZならこれ」というアルテックでもJBLでもなくイギリス製のわりと落ち着いたもの(大きくもなく地味なもの)。 色んなものを試してやっとココにたどり着いた・・・そんなスピーカーです。変な表現ですがスピーカーの存在を感じさせない。開店~閉店までほぼ1年中鳴らすにはこれしかないでしょう。

そんなわけで耳の肥えたマスターと八木洋行氏からは好評をいただき良かったですlovely

※ 八木洋行 ・・・ おそらく静岡県民だったらだいたいの人は知っているでしょう? SBSラジオの「すっとんしずおか昔話」は有名でもう放送900回を越えるとか。藤枝市在住で日本民族学会会員。静岡の歴史・文化に造詣の深く各地で公演も行っています。

Statamisonosp

|

« もったいないけど | トップページ | 口コミ »

オーディオ・喫茶店「苑」」カテゴリの記事

コメント

題名を見て厨房に入ったのかと勘違いしました。

副業で珈琲専門店を開きたい今日このごろです^^;

投稿: せい | 2008年10月 9日 (木) 23時26分

厨房には入ったことありませんがホールには立ったことありますlovely

ホールというのは厨房から見たらお客様がいる方、要はウエイターですね。

学生時代ですがアルバイトで・・・。

まだコーヒーの味も分らない「青い」ころでした(笑)

投稿: 杉山製畳 | 2008年10月10日 (金) 16時51分

見た目も売り物と変わりないので驚きです。あ、きっと普通に売られている物よりもっともっと性能が良いのだと思いますが。
スピーカー屋さんという商売があったら良いのに。こんなすごい技を持っているんだから。畳のチラシに載せたらそのうち注文が入ったりしないでしょうか?

投稿: じんじん | 2008年10月16日 (木) 00時17分

一般的に自作スピーカーは音の良し悪しよりも自分で作ったという喜びとか製作過程の楽しさとかがあるから・・・と今まではそう思っていました。

ところが今回作った2点は違いました。音が良かった!

それも想像以上up

構造的にはそれほど凝った作りではないのに音が良い。不思議です。

チラシの裏に小さく載せちゃおうかなlovely

投稿: 杉山製畳 | 2008年10月16日 (木) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/42644532

この記事へのトラックバック一覧です: 喫茶店デビュー:

« もったいないけど | トップページ | 口コミ »