« イチョウが色づいて | トップページ | 久々にの~んびり »

2008年11月21日 (金)

和歌山からの電話

今回のネタは一般の方には多分興味ないと思います。内容が分らないんじゃないかと。でも畳屋さんには興味あるかもしれません。

それで先日の事ですが和歌山にある設計事務所の方から電話がありました。 

和歌山? 知り合いはいないけどcoldsweats01

丁度私が出かけて留守だったのであらためてメールで再度連絡を下さいました。

それによると和歌山に1軒昔ながらのワラの畳床を作る畳屋さんがあるそうです。その畳床を作る「製畳機」が壊れたと。メーカーは「中京製作所」

かつてブログで我が家でも使っていた「中京製作所」の製畳機を取り上げたことがありましたが検索で杉山製畳便りにたどり着いたそうです。

機械を分解するにあたって図面があれば見せて欲しい旨の内容でした。鋳物の部分が割れ、そこを溶接するにあたって組み立て図があれば助かるとのことでした。

この設計事務所の方は昔ながらの畳床、ようは裏にワラゴモ(わかる?)がある畳床で作った畳を発注したかったようです。最近のワラの畳床は裏側がほとんどビニールシートのような物になっています。コモで作った畳床はまず見ることはありません。特別に注文すれば作ってくれるのかもしれませんが・・・。

そんなわけでどうしても直したいと。

残念なことに当店に図面はもうありません。しかもこの中京製作所そのものも30年も前に製畳機の事業から撤退したようです。ただ私がこの仕事についたばかりの頃にやはり製畳機が壊れて部品を発注したところ会社はまだありましたが製畳機は作っていないと。それでも図面は残っているので部品を製作してくれました(ありがたかったな~lovely

現在ではもうその会社があるかどうかも分らないし、あったにしても図面は残っていないだろうな~。

さてここからが本題です。

今の時代、全国的に見ても畳屋さんが畳床を作っているのは非常~に珍しい。聞いて驚きました! 静岡あたりでも昭和50年代が最後じゃないかな。そういう当店も藤枝では一番最後までワラの畳床を作っていました。自家製のワラ床ですね。

もしかしたら稲作が多い地方ではまだ畳屋さんが作っているところがあるのかもしれない(知らないだけかも)

自家製のワラ床の良さは思ったような畳床が出来るということ。仕掛けから針足まで自由が利くし7尺~8尺なんて畳床も作れるから。

それにあのころの稲ワラは長さが長かった。コンバインなんてのが無かった時代で手刈りもしくは小さな機械で刈っていました。仕掛けの台にワラを並べると台の端から端まで届いたからね。

それと年配の方から聞いた話ですが昔の機械で作ったワラ床は「ワラを殺してない」と。この言葉はなるほどな~と思いました。目方の割りに年数が経っても意外とムラも少なく腰があるし・・・。

最近の重く堅いワラ床を担ぐたびにこの言葉を思いだします。

長くなったので今日はこのへんで・・・confident

|

« イチョウが色づいて | トップページ | 久々にの~んびり »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

補足ですが・・・

畳床は畳のベースとなるものでかつてはワラで出来たものでしたが最近では建材床(化学素材)が多くなりました。

ワラ床に関しては、現在は東北地方の米どころで専業メーカー(といっても小規模ですが)が作っています。宮城県あたりが多いようです。

ところが、昭和50年代までは畳屋さんが「畳床」と「製品となる畳」の両方をを作っていた。

店とは別に畳床を作る工場(こうば)を持っていて、そこにほぼ1年分使うワラをストックしてありました。子供の頃はこのワラの山の中でかくれんぼをして遊んだもんです。

そんなわけで忙しい時、昼間畳を作り夜に畳床の製作と大忙しの時期もあったようです。

子供の頃はいつも職人さんが来てたからね。

今思えば、畳屋さんにとっても良い時代だったのでは・・・。

投稿: 杉山製畳 | 2008年11月23日 (日) 09時26分

これぞ、まさにインターネットの恩恵のひとつですね。

ネットは悪いことばかりクローズアップされがちですが
ネットのお陰で、日本・・・世界中の距離が縮まったようにさえ思います。

真夏の午後、畳の上でした昼寝が
本当なら体が痛くなるような気がするのですが、
なんともいえず心地良かったことを思い出しました。

投稿: うりこ | 2008年11月26日 (水) 23時58分

あいかわらずの、うりこさんの視点・・・おそれいりますconfident

たしかにインターネットも功罪がありますがこんな具合に役立ってくれれば良いんですが・・・。

今回の場合、少しでも力になってやればとの思いがありましたが残念でした。

なにしろ50年近く前の古い機械だから図面も無いしもちろん機械も解体してもうありませんから。

でも、未だにこんな古い機械を直してまで使うとは頭が下がります。

>真夏の午後、畳の上でした昼寝が
・・・・・・・・なんともいえず心地良かったことを思い出しました

こんなこと書いてくれると畳屋としては凄くうれしいですlovely  「畳は良いよ」ってのが滲み出てるような・・・

投稿: 杉山製畳 | 2008年11月27日 (木) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/43184587

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山からの電話:

« イチョウが色づいて | トップページ | 久々にの~んびり »