« 久々にの~んびり | トップページ | 落ちてました・・・(>_<) »

2008年11月28日 (金)

手作り「堀コタツ」

今日の仕事ですが堀コタツの設置で畳の手直しをしました。

築20年ほどで新たに堀コタツを作りましたが既製のメーカー品でなく大工さんの手作り。

コタツの位置が変わっているでしょう。普通は6畳間の場合、真ん中の畳の位置に持ってくるんですが・・・。テレビでも見る都合ですかね~。

ところで、座卓付きの堀コタツの価格知ってます? けっこう高いんですよ! 新築から設置する場合は総額何千万円になるのでコタツの値段はしれたもんですが、後で付けると高額に感ずるかもしれません。

かつては松下電工の堀コタツがよく使われていましたが長さ4尺でも40万円!もしました。6尺では50万円以上。最近ではダイケン他いくつかのメーカーがあるようでもっと安いものもあるようです。

このお宅のように大工さんが作った場合、メーカー品を使う場合に比べおそらく1/3~1/4程度の費用では(上に乗る座卓も手作りのようです)

ヒーターユニットも単品で販売しているものです。中の紫色はフェルトを貼ったものです。

Statamikotatu

畳は6畳なので「通し」と「枕」はイジラズ、「中」をコタツの横に(90度向きを変えて)持ってくればと思うでしょう。 ところが幅が3分(9ミリ)小さく長さは5分(15ミリ)長い。

長い分には切れば良いんですが幅が小さいのは困ってしまうdespair。結果、枕の幅を大きくして対処しました。が、既存の畳の幅を大きくするので畳床の寸法が足りない。このあたりはワラとゴザで大きくしました。

小さい畳も寸法が足らず新床から作りました。

20年ほど前までは瀬戸谷にも堀コタツがあるお宅が沢山ありました。もちろん炭のコタツです。農家でも炭を焼いている方がいましたから。かつては炭は暖房だけでなく魚を焼いたり餅を焼いたりと色んなことに使われましたからね。

今では炭は贅沢品です。魚を炭で焼くなんて本当に贅沢!でも美味しいlovely

今また炭が見直されているようです。燃料だけでなく空気清浄や電磁波の吸収他・・・。

|

« 久々にの~んびり | トップページ | 落ちてました・・・(>_<) »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/43256762

この記事へのトラックバック一覧です: 手作り「堀コタツ」:

« 久々にの~んびり | トップページ | 落ちてました・・・(>_<) »