« 例のイチョウです | トップページ | ひょうたんスピーカー »

2008年12月 5日 (金)

すっぴん表

こんな畳表が入荷しました。

すっぴん表」・・・(泥で染めてない。化粧をしていないという意味合からこの言葉が付いたんでしょう)

畳屋さんでもなかなかお目にかかれない畳表です。私も始めて見ました。一般の方にはそれほどでもないでしょうが、畳屋さんは興味あるでしょう。

ただこのすっぴん表ですが「糸引き」(綿糸)なんですね~。すっぴん表といえば高級品(値段が高い)イメージがあり麻綿Wで織ってある物しかないと思っていましたから「糸引き」があるとは意外でした。だから「これ、本物?」と少し?・・・・なところがありますcoldsweats01

「すっぴん」といえば岡さんですが、その岡さんが作った畳表で無染土で作ってあります。一般的に畳表は泥染めをします。刈り取ったイグサを天然染土に浸けその後乾燥させます。

このイグサの泥染めは畳表を製造する過程において無くてはならないものだと思います(間違いありませんか?せいさん)

ここで注意して欲しいのは「泥染め」と「着色」はまったく違うものです。ほとんどのイグサ農家は天然染土での泥染めはしていますが着色剤は入っていません。いわゆる無着色表というもの(熊本県の大半がそうでしょう)

泥染めの工程(過程)はかなり前から確立された方法で畳表を製造するにあたってメリットがある。乾燥の促進や急激な変色を防いだり調湿作用。それにあのイグサ独特の香り等(まだあるようですが・・・)

おそらくイグサ生産者のほぼ100%近くが現在もこの泥染めを行っていて、それはこれからも変わらないと思われます。

じゃあ、岡さんの無染土の畳表はどうなのか? 泥染めをしない畳表の良さというかメリットがあるんでしょうか。確かにイグサ本来の良し悪しは出るのかもしれませんが・・・。逆にデメリットは?

それとイグサを栽培するにあたっても無染土を前提としたイグサの栽培方法とか品種があるんですかね~。

このあたりはイグサ生産者に聞いてみたいと思います。

話がチョット難しくなりましたがこの「すっぴん表」、当店にある同程度の糸引き表と比較してみました。

Statamioka2_2

左が「すっぴん表」 右が普通の泥染めした畳表(無着色表)。すっぴん表のほうが緑が強いです。「草!」って感じで匂いも草の匂い。糸は太綿で織ってあります。イグサそのものは短めで(4番~5番?)で触ってみるとツルツルしてます。

Statamioka3_2

20枚入荷しましたが4口のロールできましたので1枚あたりの重さはわかりませんが、にぎった感じはそこそこ目方があるようです。

さて、このすっぴん表ですがどんな所へ使いましょうか。難しいところです。

※ 画像よりも実際はもっと緑が強いです。へりぎわが白っぽく見えますがそれほど目立ちません。

|

« 例のイチョウです | トップページ | ひょうたんスピーカー »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

岡さんも直販をやめられてから随分と多くの方に
すっぴん表が届くようになりましたね。

泥染めは無くてはならないものというか
できればない方が汚れないので
我々はありがたいのですが
今はないと困りますね。

互いにメリットデメリットありますが
ここでは記載しないでおきます。
(ご質問があればみらいネットの方にどうぞ^^)

無染土表をやったことはありませんので
正確にお答えすることはできませんが
栽培方法というよりは目指すい草の
姿は違うところがあると思います。

投稿: せい | 2008年12月 7日 (日) 22時03分

せいさん、さっそくありがとう。

確かに泥染めはない方が良いでしょう。ホコリにもなるだろうし健康の面でも。ただ、現実問題必要なんでしょうね。

どんなもんでもメリット・デメリットはありますから一概にどっちがどうだとは言えないんでしょう。

無染土表についてはあらためて別の機会にでも。


投稿: 杉山製畳 | 2008年12月 8日 (月) 00時03分

時々、ブログを楽しく拝見しております。

無染土畳表には関心があります。
草の香りがすると書かれていますが通常の畳表と
比べて香りは強いですか。

お手数ですがよろしくお願いします。

投稿: 畳屋さん | 2008年12月 8日 (月) 18時04分

こんばんは、畳屋さん(笑)

このすっぴん表が来てから2週間ほどになります。

それであらためて匂いを嗅いでみました。が、来た当初のような香りがうすくなったような。梱包を解いたばかりの時は普通の畳表とは違う草っぽい匂いがしましたが今日嗅いだ限りではそれほどでも無かったです。

我が家では畳表は梱包を解いて屋根裏まで上げます。すっぴん表も同じ屋根裏に上げましたが他の普通の畳表のすぐ横に置いたので、普通の畳表の匂いが移った?

まさかそんな事はないでしょうが。それでロールを解いて中心を嗅いだところやはり来た当初ほどの草の匂いは減ったような。

ただ普通の畳表のあの香りとは違います。

それで第三者に試してもらったところ「ふとんを干した時のお日さまの匂い」と言うことになりましたconfident

多分理解できないかもしれませんが悪い匂いではないそうです。(すいませんね~変な表現で)

今回のすっぴんは多分「ヒネ」でしょう。新草であればもっと違った香りがするのかもしれません。

それより色の違いのほうが驚くでしょう。緑が強いから。昼間より夜の蛍光灯の下で見たら余計に違いが際立ちました。

自分では使ったことがありませんがたまに張替えの時に遭遇する「不変色表」、それに近いのかな~。

チョット曖昧な表現になってしまいましたが以上です。

また気になることがありましたら書き込みをどうぞ(^^)


投稿: 杉山製畳 | 2008年12月 8日 (月) 22時05分

早速の返答をありがとうございました。

中国表をつけたら匂いがきつく鼻炎になり
のどもひりひりするとお客さんからクレームがきました。

今回、国産、減農薬、無染土、無着色表と交換です。
(^^;)

投稿: 畳屋さん | 2008年12月 9日 (火) 18時21分

すいませんね~。あまり参考にならなくて(~_~)

もう少し感性を磨いておきます。

>中国表をつけたら匂いがきつく鼻炎になり
のどもひりひりするとお客さんからクレームがきました

そんなことがあるんですか。中国産の場合、どんな状況で畳表を作っているかわからないからね。特に農薬に関しては。

そういうことがあればやっぱ国産表かなと思いますよね。

生産者のこと、お客様の事も考えると安心の国産表を使ってやるのが一番でしょう。

投稿: 杉山製畳 | 2008年12月 9日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/43329220

この記事へのトラックバック一覧です: すっぴん表:

« 例のイチョウです | トップページ | ひょうたんスピーカー »