« 「スーパーばあちゃん」 | トップページ | 今日で終わりです »

2008年12月28日 (日)

悩みました・・・どっちなんだろう?

今日は朝から神社の参道の清掃でした。町内で50名ほど出て1時間ほどで終了。田舎はこういうことが多いんですthink

もう今年の仕事は終わってますので、あとは機械の掃除でもと思ったらtelephoneが。

「年内に出来ますか?」と。

急なことですがまだ3日あります。もちろんOKの返事。しかも先日チラシを入れた地区でした。さっそくお昼過ぎに見積もりをかねて伺うことに。

畳の状態を確認し都合で1間、引きあげて来ました。

一般に畳屋さんは畳を上げる際、すき間がどのくらいあるとか凹んだ所を確認し不具合があれば作業の段階で手直しします。まあこれは当たり前で隙がある状態で納めることは普通はありません。

それで6畳間なので真ん中の畳を上げたら「側中」(川中)の文字が。

※ ここからは一般の方にはチョット分りにくいかもしれませんがなるべく分りやすく書きますね

まず畳の敷き方はこんな感じ↓

Statami6

畳図鑑より載せましたが、畳の裏側にはこんなふうに書きます。簡単に言えば畳の収まる場所(位置)を間違わないように方角(番付とも)を書きます・・・(6枚の畳の大きさ・形は微妙に違いますから)

この裏書ですが、地域によって違いはあるようですがこの辺りではまあこう(少し違いますけど)

それで上げたところ「中」と「側中」が入れ替わっている。この場合この2枚は長さが同じだから違っても納まることもある。施主に聞いたところ以前畳を上げた際入れ替えたかもしれないと(ここまでは特に問題ないでしょう)

ところが「枕」(6枚のうち向きが90度違う2枚)がどうにも字の向きが普通と違う。まずこのあたりではこんな書き方はしない。

どっちが「上前」(うわまえ)か「下前」(したまえ)かわからないような字の向き?

しかも「枕」は180度向きを変えても納まってしまう。だから困るんです。

Statami6kawa_2

川中は画像の上側が「上前」になります。ところが枕はそうではない。

※どうでしょう、ここまで。難しいかな。

これを書いた人の法則に則って考えると左右の枕の裏書に矛盾が・・・。

しかも枕の上前が目(畳の目)に乗っていない。だからこっちが下前かと思いきやそうでもない???

う~んなんだろうcrying

結果、「これで良いっか」という所に落ち着きました(笑)

なぜこんなに悩んだかといえば、以外にもこの部屋が曲(クセ)もなく歪みもなく真四角に近かったから。

もっと歪みがある部屋であったなら上前と下前の違いが明確だったでしょう。

さて、皆さんはもう何が何だかだか理解できないかもねdown

でもな~んとなくでもわかってもらえばそれで・・・lovely

※ 上前(うわまえ)とは縁が付いた側で畳と接触している方、下前(したまえ)はその真反対の縁が付いた側で畳寄せとか敷居に付いた方とでも・・・(真ん中にある「中」は違いますけど)

|

« 「スーパーばあちゃん」 | トップページ | 今日で終わりです »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/43557286

この記事へのトラックバック一覧です: 悩みました・・・どっちなんだろう?:

« 「スーパーばあちゃん」 | トップページ | 今日で終わりです »