« 連休のさなか横浜まで | トップページ | 09年 「お茶の香ロード」 »

2009年5月 3日 (日)

お茶刈

毎年この時期にお茶刈の手伝いに呼ばれます。

連休中はお茶刈のピークでネコの手も借りたいほどの忙しさ。今年も手が回らないということで行ってきました・・・と言っても3日ほどですが。

で、農家が一斉にお茶刈りに取り掛かるので農家からの畳の仕事はパタッっと来なくなりますcrying   農家の数が減っているとはいえこの傾向は変りません。

行ったのは市内でも一番標高の高い蔵田地区。

お茶農家が多い地区です。

午前中は「二人刈り」というエンジンの付いた機械を二人で持っての刈り取り。午後は一部ですが乗用の大型機械での刈り取り。

Statamikurata3

名前は「ごろう」coldsweats01

本来はこういう乗用の機械は平らでお茶のカマチが100M近くある場所でないと効率が非常~に悪いんです。この蔵田地区は急傾斜の場所も多くこの機械が使える場所はわずかしかありません。

それでもこの機械での作業を見ていたら「楽だな~」と思いました。袋の付け替えは人の手でやりますがオペレータ以外は機械が動いている時は休めますから。

ちなみに値段は国産の高級セダンが買える金額とでもup

機械での作業が終わったら向こうの山に建物が見えますがその下にある茶畑に移動。今まで手伝った中でも一番手強い所でスキー場でいえば上級者コース。かなりの急傾斜。しかも刈り取ったお茶の袋を運び出す道らしい道が無いbearing

Statamikurata4

だからとてもハードで久々に疲れました。

今日は休みですが明日はまたお手伝い。

Statamikurata

お茶の新芽です。実際見ると緑が凄く綺麗です。

|

« 連休のさなか横浜まで | トップページ | 09年 「お茶の香ロード」 »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/44879340

この記事へのトラックバック一覧です: お茶刈:

« 連休のさなか横浜まで | トップページ | 09年 「お茶の香ロード」 »