« 四川の畳表 | トップページ | 梅雨ですが・・・ »

2009年6月11日 (木)

皇居に使われた畳?

つい2日ほど前のこと。

リフォーム用にワラの畳床を配達してもらいました。その時、他にも配達用の畳床が何枚か荷台に。

Statamioni

その畳床に付いている「手掛け」の色と裏のシートの色も見たことないので「どこの畳床?」と聞いたところ千葉の畳床製造業者の名前を。値段もかなりのものでした。

なんでも皇居に納入実績があるとか。といってもこの畳床製造業者が直接でなくどこかの畳屋さんがこの畳床を使って仕上げて納めたのでしょう。

ただ、皇居に納めるくらいだからそれなりの業者ではと推測できます。

荷台にあったのはそれとはランクも違うだろうけど値段を聞いてどんなもんか持ってみました。

それが以外にも軽い! 軽いといっても値段と等級からみた場合です。重量は優に30キロ以上はありますので。  だから普通の方が持ったら「重い!」と思うでしょう。

一般的にはワラの畳床の場合上級クラスになるほど目方があるものが多い(目方も付けてくると言ったほうが)

これはあくまでも目安で、重ければ重いほど良い・・・というものでもない。

丁寧に平らにムラなく出来ていればそれほど重量を付ける必要はないと思うんですが・・・。

でも実際は良いものは重いんですけどね(35キロ超)

それであらためてこの荷台の畳床をみたら「仕掛け」そのものは特に凝ったものではない。いわゆる「本仕掛け」ではない。

針足(縫ってある間隔)は8分(25ミリ)ほど。乗ってみたらそれほど堅くない。畳屋さんがよく言う「踏み込みが良い」なんて表現をしますが、それからすると特別踏み込みが良いわけでもない。どちらかと言えば柔らかい。

ぱっと見はたいした事ないのに。

おそらく年数が経ってもムラが出にくいのかもしれない。

予算が許せば一度使ってみたい畳床です。

Statamioni2

※ あとで気が付いたんですが畳床の裏に使われているシート(青とか茶)ですがかつて当店で自家製の畳床に使っていたものと同じような色でした。まだこんな色のものがあるんですね~。

|

« 四川の畳表 | トップページ | 梅雨ですが・・・ »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

はじめまして 島田市のあしだ畳店と申します。
先月たまたま杉山製畳さんのこのブログに行きあたり
それ以来勝手ながらちょくちょく拝見させて頂いております。
 今回 皇居に使われた畳? という事で紹介されていた
畳床の事ですが、 千葉県の鬼沢製畳さんの畳床です。鬼沢さんは関東でもっとも有名な製畳さんの一つです。東京の有名所はかなりの割合で鬼沢さんの床が使われていると思います。 今回 駿遠畳組合青年部の研修旅行で見学させて頂き問屋Sさんのご協力によりこの地域でも手に入る事ができるようになりました。当店でも2日前に使用し納品してきました。感想は、最高に足当たりがいいふかふかしたような手床に近い畳床という感じです。 私は以前は硬くて重たくて平な畳がいい畳だと思っていました。が、手床と出会ってから考え方がぜんぜん変わりました。鬼沢さんの床は杉山さんがご指摘されたように通常使われている宮城県産の床よりも軽いし柔らかいです。 「丁寧に平らにムラなく出来ていればそれほど重量を付ける必要はないと思うんですが・・・。」この意見に同感です。ただ、これができるという事は相当レベルが高いという事だと思います。逆に言えば、平らにしようといろいろ余計な物を入れてしまうから重たくなる?のでは?  鬼沢さんは一日に17,8枚しか作れないそうです。他の会社の半分位の生産量ですよね。それだけ手間をかけてるんですね。機械で作っているのに手床に近い感触を出すすごい事だと思います。もちろん値段は他のものより高いですがいいものはやはりそれなりのお値段だと思います。
若造が少々でしゃばりました。すいません。
それにしても、岡さんのすっぴん表、愛鏡会、園田せいさん
をこの辺で知っている人がいたとは・・・・驚きました。相当勉強されてますね。とてもいい刺激になります。


ps:当組合のチラシも載せてくれてありましたね。昨年より
青年部でデザインを考えております。ご指摘の通りで値段を載せないのはインパクトにかけます。わかっているのですが
ご存知かもしれませんが少々事情があり・・・・・・。
ですが、青年部では継続していろいろと検討しております。
チラシを作り始めてまだ1年生まだまだ未熟ですがお客様に
畳のよさを知って頂くためにもっともっと進化させていくつもりです。もちろんお値段も載せれるよういいアイデアを考えていくつもりです。今後ともご指摘アドバイス頂戴できましたらうれしく思います。よろしくお願いいたします。

では

投稿: あしだ畳店 | 2009年6月19日 (金) 01時14分

あしだ畳店様、コメントありがとうございます。

今日は遅くなってしまったので(もう1時過ぎてました)詳しいレスは明日にでも。

では~(^^)

投稿: 杉山製畳 | 2009年6月20日 (土) 01時23分

あらためまして、あしだ畳店さんありがとうございますhappy01

たいした内容もない当店のブログを見ていただいてありがとうございます(笑)

たまによその畳屋さんのコメントやアドバイスが刺激にもなり勉強にもなります。

で、今回の畳床ですがあえて名前は載せませんでしたがそうなんです「千葉県の鬼沢製畳」さんのものです。

とにかく以外な感じでした。軽くて柔らかいのに良い物だということ。問屋さんからはそれほど詳しい話は聞けませんでしたがこの荷台の畳床どこへ行くんだろう?とその時は思いましたが、もしかしたらあしださんの所だったんですか?

これだけの畳床を使うのは単価の良い仕事だろうと想像できますが、あえてこの畳床にこだわるとはこれまた畳屋さんのレベルが想像できるのでは。

多分、堅い仕事をする畳屋さんでそれは父親の時代から引き継いでいるんでしょう・・・「良い材料でしっかりとした仕事!」

それは文面からも滲み出ているような気がします。


それからチラシの件ですが勝ってに載せてしまってcoldsweats01

ただ組合のチラシは確かに難しい面がありますよね。組合員も考え方等いろいろありますから。でもあのころ(私が組合員だった頃)に比べればかなり進化しているようです(^^)

こちらもうかうかしてられません(笑)


安売りチラシに負けないようお互いガンバリましょうdash

投稿: 杉山製畳 | 2009年6月20日 (土) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/45310826

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居に使われた畳?:

« 四川の畳表 | トップページ | 梅雨ですが・・・ »