« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月22日 (日)

ぱ~ぷる(^^ゞ

藤枝市のイメージカラーとでも言うんでしょうか・・・藤色! 

高校サッカーでも有名な藤枝東高のユニーフォームも藤色。

他にも色んなところにこの藤色が使われています。

その藤色にちなんでこんな色のへりのバッグを作ってみました。

Statamip1

どうですか? パープルは\(;゚∇゚)/

アクセントにリボンも付けたりして・・・。

大きさも3種類ほど作ってみました。

少しUPで

Statamip2

畳の縁に使うとすれば洋風な部屋なんかに合うかもしれません。

プレゼント用に作りましたので欲しい方はぜひ畳替えを(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

肉球(^^ゞ

犬好きにはこの柄がたまらないようですlovely

肉球の柄!

猫も同じなんでしょうか?(飼ったことないのでわかりませんが)

「大宮縁のキッド」という商品名の中にある肉球柄。他にもパンダなんかの動物柄も何種類かありますがこれが一番面白い(^^ゞ

Statamiasi

生地もシッカリとしています。ただ一般的な縁よりも少し値段が高いcoldsweats01

当店の場合、標準的な縁であれば畳の価格に含まれますので別に料金を頂きませんがこの肉球柄は別途掛かります。

1畳あたりプラス500円くらいかな~ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

「これっ、面白い!」と思う方いかがでしょう?

Statamiasi2

なんかコードが写ってしまいました(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

頂きもの(^^ゞ

昨日ですが・・・誕生日でしたcoldsweats01

5月16日がそうなんです。何歳になったかはナイショ(笑)

で、いつもお世話になっている記者である「ぱらぽんさん」からこんな物頂きました。

当店のキャラクターである「たたみっちゃん」↓

Statamiksrhachi3

これにをもとに、少し遊び心で・・・

Statamimitu

こんな風にアレンジしていただきました(*^ー゚)bグッジョブ!!

元々はリラックマなのに上手い具合にハチに(^^)

名前も私の子供の頃からの呼び名「ミッタン」に!(この歳になっても昔からの知り合いはいまだにそうなんです)

それにしてもこういうのに気ががつくとは、いつもアンテナ張り巡らしてる「ぱらぽんさん」ならではかと。

中身は美味しくいただきました(カップもだいじに使います)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

トッピング(~_~;)

その詳しく紹介するのが中国製のデジタルアンプです。名前は「TOPPING」という中国製メーカーのもの。

Statamitop7

取り説なし、保証書なし。箱の中は本体とACアダプターのみ。ただ販売店の1年間の保証がついていてお値段・・・送料込みの5,980円coldsweats01

なぜ買ったか? 面白そうだったから(笑)

ではなく、BGMで流すのに小さいアンプが欲しかったのでnotes

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず、オーディオにある程度知識がある人だったらこんなものでまともな音が出るわけないと思うはず。それも中国製だし。しかもビックリするほど軽い!(小さい)

CDケースと比較して下さい。

Statamitop1

一般的にアンプはデカク、重いほうが良い音がする(と言われてきた)。まあ、アンプというのは値段に比例して大きく重いもんなんですが・・・。

それからするとわずが450グラムの手のひらに乗るこんなものがと思うのが普通。我が家にあるDENONのアンプは重量20キロで約40倍近くの差がある。

じゃあ音の差は? 40倍(~_~;)

さっそくCDから直接アンプに入力して鳴らしてみたら

・・・驚き∑(゚∇゚|||)

ひじょ~にクリアで予想以上up

DENONと比べても低音の押し出しがチョット弱いかな~・・・その程度。アラを探せばキリがないだろうけどこの値段でこの音なら十分です。

これだけ小さくてもこんな音が出るのはデジタルアンプゆえのことかも。ACアダプター(別電源)であることを考慮しても発熱がほとんどない。変換効率(入力に対する出力)もかなり高い!

とにかく小さくて安いアンプが欲しい方には良いんじゃないですか。

注意点としては能率の高いスピーカーで鳴らしてやったほうがこのアンプを活かせるでしょう。

Statamitop4

※うしろの配線回りです。端子の大きさから筐体の大きさがわかるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »