« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

こんなの、あり?・・・続き

昨日に続き今日も残りの部屋の表替え。

もちろん、この部屋も同じように畳に細工をしてありましたangry

他人がやった始末を面倒ながらもやらなければならないのはそれほどでもない。それよりこんな悪質な業者に引っかかった施主が気の毒です。

そんなふうになっているなんて施主にはまったく分りませんからねthink

ただ、チラシで格安を唄う業者のあの値段は消費者には魅力でしょう。安かろう悪かろうであっても「とにかく間に合わせで」とかなら選ぶ方もいるんでしょう。

なにしろ一般の畳屋さんよりかなり安い価格ですから。でもよ~く考えるとあの価格で出来るかな?

とくに最近の畳表高騰の折、国産畳表(本物?)の表替えが3,000円はまずありえない。もしあれば凄い(笑)

ということは・・・そうなんです(言わんとしてること察してくださいcoldsweats01

ところで、当店でもチラシを配っていて何度か「その筋のチラシ」と比較されたことがあります。もちろんそっちの方が安い。

だから「値段で選ぶんならそっちの方が良いんじゃないですか」とあえてそちらをススメます(大笑)

「だだしその表示してある価格で出来るならね」の一言も添えて( ^ω^)おっおっおっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

こんなの、あり?・・・<`~´>

数年前にお世話になった方から再度仕事の依頼がありました。リフォームにともない表替えの仕事ですが、一般的にはリフォーム会社が一括で請け負う形が多く、畳はそこからの下請けとなることが多いんです。

が、畳は当店に直接にhappy01

賢明な選択です^^;

当店のチラシからのリピーターということでありがたいことです。

で、引きあげてみたところ・・・

Simg_0094

まあ、この仕事ぶりを見ればだいたいどんな畳屋さんがやったか想像がつきます。

さらに・・・

Simg_0096

ご丁寧に縫い始めと終わりにはホッチキスが。たまに中ほどにもホッチキス。さらに古い縁は残ったままだし・・・(゚Д゚)ハァ?

まあ、このくらいはたまにはありますから驚きませんがさらに畳表を剥がしたところ・・・いや~なものを見てしまったangry

防虫紙の上から切った跡が!

Simg_0098

はじめは目押し定規で畳表を切る時に誤って切ってしまったかと思ったら、どうも意図的にこうしたようです。

1畳につき2箇所、だいたい20~30センチ切ってある。6畳全部そう。

この場合、普通は見て見ぬふりをするcoldsweats01・・・なんてことはなく直しますsweat01

普通の畳屋さんだったら多分そうするでしょう。

時間的な制約もありましたので要所要所を糸で縫いましたが、一番膨らんでしまった所を上から押さえる形で糸で締め上げました。

Simg_0102

これでなんとか補修できました。

まあ、常識ある畳屋さんだったら間違ってもこんな事はしない。悪質ですね~。

なぜこんな事をしたのか?

それは「床糸を切る→畳床が膨らむ→膨らんだ所の畳表が擦り切れる」を狙ったものでは。頃を見計らって「あ~これダメだな~交換しないと」と言ったかどうか┐(´д`)┌ヤレヤレ

畳表だけでなく丸ごと新品に交換なんてことも考えたかも。

Simg_0118

↑これだけ膨らんでいるとこの部分の畳表は早めに擦れてしまいます。酷いね!

格安チラシの業者にたのんだようですが、中にはこんなことをする業者もあるということ。残念ですけどねcrying

ところで施主にいくらでやったか値段を聞いたところ・・・ぜんぜん安くなかったdown わずか1年で剥けてしまうほどの粗悪な畳表なのに(~_~;)

明日の日曜は残りの部屋の張替えですがさあどうなりますかdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

寒いけど乗ってきました^^;

昨日の天気予報では日曜はかなり冷え込むとのことでした。特に川根方面は最低気温がー5度とかcoldsweats01

その寒い川根から天竜方面へあえてアプリリアで行ってきました。気温以外では晴天で風もほとんどないという絶好の条件scissors

完全武装で出撃dash

で、今まで知らなかったんですが島田から大井川を越えるのに国道1号以外に神座ー横岡間に大井川水路橋なるものがありました(橋の形が面白いんです)

この水路橋、時間帯で車両交互通行になります。それも2時間ごと。へたすると2時間待たされる┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

まあ、ココを通る人はその辺は知っているからそんなことはないでしょうが・・・。

神座に着いたのが9時50分(10分待ち)

他には誰もいないcat

Simg_0055

先頭で気持ち良く渡りましたが、橋を越えてから「森町体験の里アクティ森」まで丁度45分でした。県道81号から途中市道?それから県道269号ー58号と。家からですと約1時間。ケッコウ速いsweat01

アクティ森で一服してたらBMWのバイクの人から声を掛けられ走るルートの状況を教えてもらいましたが「多分、凍ってるからどうかな~」だって(~_~;)

Simg_0057

※このBMW1台でアプリリアが何台買えるんだろう?5台くらいかな~(笑)

確かに春野町豊岡を通る水窪までのルートは所どころ凍っていました。トンネルの入り口は黒ビカリ(ヤバッ)

結果、「勝坂 神楽の里」で水窪へ行くのを諦めて引き返してきました。ここからまだ水窪まで30キロありましたので。

「勝坂 神楽の里」は時期はずれなのか人けも無く閑散としていました。管理棟も閉鎖されて・・・。多分、春~秋の紅葉あたりは賑わうんでしょう。

Simg_0071

川向こうには閉校となった学校がありましたがthink

つり橋のこちら側にはこんなものがありました。アンカーの上に狛犬。それもデカイ!

Simg_0065

バイクと比べてください。

Simg_0067

そばで見ると↑。偉そうです^^; (空がこんなに青かった?)

帰りは国道362号経由で川根に出て家に着いたのが午後2時。アプリリアも慣らしが終わって調子もまずまずup

一休みしていたら知り合いが買ったばかりのバイクでshine

Simg_0073

これまたアプリリアが4台も買えるほどのホンダのVFR。さっそく蔵田まで2台で流しに行ってきました。たまたまですが今日は2台のシャフトドライブのバイクにお目に掛かりましたが珍しいことです(興味ない人にはどうでも良いことですがcoldsweats01

そんなわけで久々にバイクで楽しめましたnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

バタバタとした一週間

今日は地元のお寺のお祭りがありました。檀家でしかも今年からお寺の世話人ということでいやおうなしに手伝いにcoldsweats01

S014

5日の日曜にお祭りの支度。で、今日の12日が本番。その間にも色々ありましてせわしなかった一週間でした。

お寺は見てのとおり小さなもので13年前に建設されましたが予算も少ない中、畳もかなり・・・Σ( ゜Д゜)ハッ!

限られた中でなんとかやり繰りした覚えが(汗)

その13年目の状態ですが・・・

一番目につく場所に滲みが4箇所も(ノ∀`) アチャー

S008

わかります?実際はもっと目立つんですcrying

なにかこぼしたのかな~?(少し様子をみてみます)

それから日中りが良いというか西日が強いせいか茶の綿縁がハゲてこんな色に。賽銭箱に遮られたところはなんとか茶色が残っていましたが・・・。

S024

でもこういうハゲた(色がぬけた)状態って好きなんです。なんとも味わいがあるように思いますがいかがでしょうconfident

S022

少しUPにしてみましたがココは特に日当たりが良く縁がグレーに見えるでしょう。いかに焼けたかがわかります。

それ以外にも「木の収縮具合」の確認も(これについては後日詳しく!)

この乾燥している時期と築年数を考えると畳の納まりが多少あまくなっていますが、まずまずでそれほど悪い状態ではない。

雨の多い時期になるとまた変わってきますから。

他にも庫裏(くり)の畳も確認。ココも古畳をやりくりして納めてありますが、さらに奥の部屋も同じように状態の良い古畳を手直しして入れ替える予定。面倒なんですがね~。なにしろyenが・・・のでcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

職業インタビュー

もう10年ほど続きますか・・・。

中学生による職業インタビュー。

生徒数も少ない中、数ある事業所の中から当店を選んでいただきありがとうございましたconfident

ところで、例年ですと中学生は2名なんですが今年は1名。まだ1年生ですから一人となるとかなり緊張するはず。こちらも、相手が一人ですので生徒以上に緊張しましたcoldsweats01

事前にいただいた質問項目に対し順次答えていくわけですが、これがなかなか難しくて。

書き写すことを考えると、あまり長くしゃべるのも考えものですから簡潔にポイントを絞っての答えとなりました。

人にわかりやすく説明するというのは実はすごく難しいことなんですね~(相手が中学1年生ですからなおさらです)

これでこの生徒はだいぶ畳の知識がup

もしかしたらそのへんの大人よりは畳の事が分ったんじゃないかな(*^ー゚)bグッジョブ!!

レポート、期待してます!

Simg_0004

追加です

生徒に畳表の違いを説明しました。普通の畳表と市松柄の物、他に和紙で出来た物など何種類か。畳床の種類も。新品の状態(まだ青い)畳表を見る機会もないので見せましたがどうだったでしょう?

ちょうど2日ほど前に蔵田での仕事がありましたが同じ学校の中学生がいて表替えをした畳を見て驚いていました・・・「こんなに青いの!」

最初はそうなんですが、新品の時のことはもう忘れちゃっているからね(*´ェ`*)

Simg_0007

話しは変わりますが、かつて(昭和40年代くらいまで)は地域で一斉に大掃除をした時は家族中でしたもんです。大人から子供まで。だから畳に接する機会も今よりはありました。畳の張替えもそのお宅の庭でやったりしたので子供ながらに見ているんですね~。

だから畳屋さんというと肘で糸をしごく動作(縁を縫い付ける平刺しの作業)を真似したりして^^;

最近ではよほどの事がない限り、畳の張替えを目にすることもないでしょう。中には畳の無いお宅もあるようですからなおさらですthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »