« 白アリ | トップページ | 地域貢献 »

2012年4月 9日 (月)

ピアノの移動

昨日の日曜は絶好のツーリング日和。で、どこかへ行ったかって?

都合により仕事でした。それも新規のお客様でlovely

それでですね、このお宅にはピアノがありました。ということは動かさなければならない。

Simg_0034_2

プロの場合、二人でスリングみたいのを肩にかけピアノを担ぎます。プロでないし一人(助手はいますが)なのでコンパネを使い移動させます。

まず、ピアノの下にあるお皿(キャスターの受け)を外しピアノの片側を持ち上げてコンパネを差し込みます。この作業は短時間でやらないとけっこうキビシイ状況になりますcoldsweats01

助手には素早い作業が求められます(笑)

Simg_0035_2

コンパネの上にピアノが乗ったら、店から持っていった古畳の上までコンパネ上を移動させます。

これもキャスターが落ちないように慎重に!

まあ、最悪落ちても張替え前ですので・・・。

Simg_0037_2

キャスターがオフセットされてますので下を覗きながらゆっくりと手前の畳の上まで動かします。

Simg_0039_2

これで移動できました。畳を引き上げます。

アップライトピアノの場合重量は200キロ超。片側を持ち上げますので100キロをさげる訳ですが、たいしたこと無いと思うでしょう?

私もそう思っていました。今まで何回もありますので100キロくらいならどうってこと無いと。それが以外にも手応えがありまして(汗)

さげた時、筋肉ピキピキして^^;

Simg_0043_2

足跡? これは古ゴザを当てて平らにして補修。

仕上がった畳を納める時は引きあげる時よりもさらに慎重に!特にピアノを元の場所へ納める時は気を使います。畳表にはキズは絶対に付けないように。

まあ、今回のは難易度としては中くらい^^;

もっと大変な状況はありますので。

そうそう、ピアノを動かしたら調律が必要になります。

※ コンパネの厚みは12ミリ。あまり薄いと割れてしまいます。なにしろキャスターに掛かる単位面積あたりの荷重はかなりのものですから。

|

« 白アリ | トップページ | 地域貢献 »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見させていただいております
さて、畳替え時の家具移動は大変な重労働ですね
私も貴店と同じくピアノの移動には板を敷いて
移動させてています。
何時だったか、この作業中に腰を痛め
痛めた腰でピアノの移動、張替作業、そして納品
ピアノの再移動を行いました。
本当に死ぬ気でやるってこんなことなんでしょうね

投稿: yoshida | 2012年4月11日 (水) 17時21分

yoshidaさんありがとうございます。

確かにピアノがあると難儀します。
しかも歳のせいかピアノが重くてcoldsweats01

あと5年もしたらもう持てるかどうかわかりません(;´д`)トホホ…

本当に腰には気をつけないとね。
畳屋にとって腰は「命」ですから・・・。

では~(^^ゞ

投稿: 杉山製畳 | 2012年4月11日 (水) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/54433770

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの移動:

« 白アリ | トップページ | 地域貢献 »