« 軽く考えていたんです | トップページ | 苦労したんだろうな~ »

2012年10月10日 (水)

真空管アンプ・・・続き

真空管アンプキットのベストセラーといえば「エレキット」が有名で基板を使った初心者にも作りやすく失敗も少なくそれでいて値段もまずまず。

ところが今回選んだのは「手配線」。基板に部品を載せていく方式に比べ技術の差がモロに出ます^^;

狭いところにハンダ付けをするのは困難を極めました(笑)

Simg_0009

配線の取り回しも実態配線図とはかなり違う(;´д`)トホホ…

まったくの初心者にはかなり難しい。マニュアルも誤植?間違い?がありました。実態配線図だけを頼りにして組んだ場合、見にくい箇所があったりして配線を間違うこともある。

私の場合、普通の畳屋さんよりほんのチョット知識があるので回路図と実態配線図を比べながら慎重にも慎重に、何度も確認しながら配線をしました。

とても人様に見せられるような配線ではありませんが、ハンダだけはしっかりと付けて(綺麗ではないけどね)

組み終わって最終チェックの電圧測定。ココで不安なことがcoldsweats01

真空管を差し込んだ状態での測定なのかそうでないのかマニュアルには書いてありません。とりあえず真空管を差さずに電圧測定をしたら異常に高いι(´Д`υ)アセアセ

配線間違い?

ネットで調べたところ・・・真空管を差した状態(作動した状態)で測定するようです。

ところで、初めて電源スイッチを入れる瞬間はものすご~く不安です。ショートしないかとか煙が出たらどうしようとか・・・。

はたまた家のブレーカーが上がるとか^^;

幸いにも何事もなく(やったね)
変な臭いもしないし、ヒューズも飛んでないし。

さっそく壊れても良いようなスピーカーをつないで音を出すと・・・鳴るじゃんlovely

ビックリですね~。まさか鳴るとはsweat01

しかもわずか1Wにも満たないアンプとは思えないほどの音!このあたりが真空管アンプの不思議です。

Simg_0023

同じ金額なら数十倍の出力のトランジスタアンプが買えますが、単純に出力だけではないような・・・。

聴いてみたい方、ぜひどうぞ!夜でしたらいつでも良いです。

Simg_0031

※ヒーターがほんのり赤く光っていますconfident

|

« 軽く考えていたんです | トップページ | 苦労したんだろうな~ »

オーディオ・喫茶店「苑」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/55862088

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管アンプ・・・続き:

« 軽く考えていたんです | トップページ | 苦労したんだろうな~ »