« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月16日 (水)

古新(ふるざら)

1月も半ばを過ぎました。
仕事もボチボチと頂いていますが、この時期に忙しい畳屋さんはそうは無いでしょう。大手の工事関係の仕事をしていればそれほど時期は関係ないのかもしれませんが・・・。

そんなわけで時間に追われてする仕事ではないので、いつも以上に手をかけて作っていますcoldsweats01

そんな中「古い畳をもらってきたので敷いてくれ」との依頼が。
なんでも家の建替えにともない不要になった畳をもらってきたそうです。
見たところ30年以上は経っているワラの畳。

30枚ほどありましたか。

これが簡単に収まらないんです。
素人には畳の大きさも形も同じに見えるようですが、違うんですね~。
しかも部屋の大きさや形もひとつとして同じ作りではない!

まあ例のチラシの業者だったら「絶対無理or出来ない」と言うかも^^;

でも、当店の場合何とかしてしまいます(笑)

この地域ではよそからもらってきた畳を敷くのは良くあることです。
今まで住んでいた家の古い畳を新築に使うこともあります。

ところが、これが面倒で手がかかります。
新しくこさえる(作る)よりは手間がupの場合もあります。

こんな仕事のことを「古新(ふるざら)」なんて言い方します。
新しく作る畳のことを「新(さら)」って言いますから、古い畳を使って新畳と同じように納めるので「古新(ふるざら)」。

この面倒な古新(ふるざら)ですが、当店がもっとも得意とするところでして(大笑)

今までも何度となくやってきましたのでヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

今回は二間。でも部屋の寸法に対しでざっとですが畳の寸法を測ったところ全体として長さは50ミリ短く、幅も30ミリほど小さい(10畳間ね)
全体に割り振ってもチョットきびしい感じ。
さてどうしましょう?

部屋の寸法に対して畳の方が大きければ切れば良いんですが、小さい場合は丈・幅を出さなければならないので・・・大変です。

まあ、なんとかなるでしょうconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

たまには落語でも

藤枝あたりですと生の落語を見る(聞く)機会はあまりありません。
東京在住の頃は寄席へ行くこともありましたが、地方の場合年に一度市民ホールで高座があるかどうか。

その年に一度あるかどうかの寄席がありましたので行ってきました。
場所も隣り町の旧大井川町にある文化会館ミュージコまで。

特に私の好きな「円楽」が出るというのでこれを逃がす手はないと(^^ゞ

「二人会」ですのであの鶴光、他にマギー審司と前座の若手。

それぞれ持ち味を活かした高座で大変面白かったです。
特に円楽は正月らしい楽しい噺で「まくら」から「さげ」までお客様の心をつかみっぱなし!

キレのある噺で大満足でした。

やっぱ生の落語は違う!

みなさんも機会があったらいかがでしょうhappy01

Simg_0131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

新年あけましてオメデトウ!

みなさま、あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いしますhappy01

元旦の藤枝は静かな朝を迎えました。
空はこんな感じ。

S001

冷え込みましたが風はほとんどなく新年恒例の可搬ポンプによる放水に朝方行ってきました。

それにしても1年経つのは速い!歳をとるにつれ加速度的に速くなっているようで^^;

もうすぐ大台と言うところまで来ました(汗)

ブログもあいかわらず大したこと書いてませんが、まあ「人となり」が分ってもらえば・・・。

それから例の真空管アンプを聴いてみたい方、休み中にどうぞ!
小さなスピーカーからも以外な音がしますから(・_・)エッ....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »