« たまには落語でも | トップページ | ひね »

2013年1月16日 (水)

古新(ふるざら)

1月も半ばを過ぎました。
仕事もボチボチと頂いていますが、この時期に忙しい畳屋さんはそうは無いでしょう。大手の工事関係の仕事をしていればそれほど時期は関係ないのかもしれませんが・・・。

そんなわけで時間に追われてする仕事ではないので、いつも以上に手をかけて作っていますcoldsweats01

そんな中「古い畳をもらってきたので敷いてくれ」との依頼が。
なんでも家の建替えにともない不要になった畳をもらってきたそうです。
見たところ30年以上は経っているワラの畳。

30枚ほどありましたか。

これが簡単に収まらないんです。
素人には畳の大きさも形も同じに見えるようですが、違うんですね~。
しかも部屋の大きさや形もひとつとして同じ作りではない!

まあ例のチラシの業者だったら「絶対無理or出来ない」と言うかも^^;

でも、当店の場合何とかしてしまいます(笑)

この地域ではよそからもらってきた畳を敷くのは良くあることです。
今まで住んでいた家の古い畳を新築に使うこともあります。

ところが、これが面倒で手がかかります。
新しくこさえる(作る)よりは手間がupの場合もあります。

こんな仕事のことを「古新(ふるざら)」なんて言い方します。
新しく作る畳のことを「新(さら)」って言いますから、古い畳を使って新畳と同じように納めるので「古新(ふるざら)」。

この面倒な古新(ふるざら)ですが、当店がもっとも得意とするところでして(大笑)

今までも何度となくやってきましたのでヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

今回は二間。でも部屋の寸法に対しでざっとですが畳の寸法を測ったところ全体として長さは50ミリ短く、幅も30ミリほど小さい(10畳間ね)
全体に割り振ってもチョットきびしい感じ。
さてどうしましょう?

部屋の寸法に対して畳の方が大きければ切れば良いんですが、小さい場合は丈・幅を出さなければならないので・・・大変です。

まあ、なんとかなるでしょうconfident

|

« たまには落語でも | トップページ | ひね »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/56556067

この記事へのトラックバック一覧です: 古新(ふるざら):

« たまには落語でも | トップページ | ひね »