« 2013年6月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月

2013年9月18日 (水)

こんなにも早く

静岡と言えば「お茶とみかん」の産地。

かつてはどちらも日本一と言っても良いほどの生産量と知名度がありましたが、最近ではそれも・・・。

まあ、それはともかくとしてそのみかんとお茶。

食べても飲んでもウマイマズイがすぐ分る。
まずけりゃあ「こんなのダメ」とその場でつき返すこともある。
結果がすぐ出ます。

ところが畳表の場合はどうか?

これがひじょ~に難しいところで、少なくとも半年。
まあ、半年で結果が出たらそれはもうダメな畳表です。

ようは「結果=ムケテしまう。

S2013918_2

かつての格安の中国産だったら2年そこそこでこうなっても不思議ではない。ところが国産のある程度の畳表だったら話しは違ってくる。

この場合の国産とは熊本のイ草農家が栽培から製織まで一貫したものです。

で、2年そこそこでこんな状況になりましたが、当店で自信を持って納めた畳でした。

おそらく大抵の畳屋さんが見ても「まあ、これなら大丈夫でしょう」と思われるほどの畳表。

某問屋さん経由で熊本でもそこそこ名前が知られていてブランドのラベルもちゃ~んとしたのが付いていました。

しかも在来品種で赤も少なく織りも綺麗。
ヒゲも長かったしね(^_^;)

これはかなりショックです。

使い方にもよるので一概にこうだとは言えませんが、経験上このランクの表だったらこのくらいの耐久性はあるかな・・・と、いちおうの目安はあります。

残念なことにその目安からかなり外れてしまったthink

この場合「あの畳屋は粗悪な物を入れた」と思われてもしょうがない。

じつは、納品から2年ほどして裏返しの依頼があって伺ったところこの現状でした。

2年あまりで裏返しとは早すぎと思っていましたが、なるほどとw(゚o゚)w

その時は裏返しをして代金は頂きませんでした。
裏も使ってみて様子を・・・。そんな思いがありましたので。

それからさらに3年チョット。それがまた当店に依頼がΣ(゚д゚;)

普通なら「あの畳屋はダメだ」と他にあたるのが普通かと。
寛大というかなんと言うか3度目も当店に。

ありがたいことです。

で、今回はこれなら大丈夫と「園田さん」の麻綿Wの畳表を使いました。もう、すぐにムケてしまうことは無いでしょう。

S20139004

イ草で作られた畳表は農作物ですからその年によって出来不出来があったりするようですが、畳屋としてはそれも踏まえた上で目利きを養っていかなければなりません。

それがひいてはお客様の為に!
もちろん自分自身のためにもなります。

あるイグサ農家のブログに「敷物としての使命」なんてことが書いてありました。生産者みずからこんな思いがあるとは驚きましたが、そのとおりです。

畳表=敷物ですから・・・「持ってナンボ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

新草

ごぶさたです^^;

だいぶ間が空いてしまいました。

神社の祭り事がやっと終わりヤレヤレといったところです。7月~9月に二つありまして、つい先日秋の例大祭が終了!

ある意味一番めんどうな役柄でしたので終わって一安心です。

ところで、手配しておいた畳表が入荷しました。
今年採れたイ草で製織した畳表です。

かつては「年内はひね」(昨年度産のイ草で織った畳表)でしたが、最近はそうでもなく10月前後には新草で織った畳表を使うようになりました。

特に、今年の場合は昨年度産のイ草の原草の消化が早かったらしく農家も新草を出してくる割合が多いとか。

まあ、新草で織った畳表もいろんなのがありますから良し悪しを見極めないと(^^ゞ

今日届いたのは熊本の園田さんが作った縦糸が麻綿Wという物で、ランクとしてはけっこう上かな。

折ジワがつかないように6枚づつをロール巻きにして送ってきました。

S20139_0033

当店でよく出るクラスよりは上の物です。
品種は在来?でしょうか。

S20139_0035

さっそく明日使ってみます。

糸引き表、麻引き表の畳表も順次入荷しますので国産にこだわる方、ぜひどうぞscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年11月 »