« 新草入荷 | トップページ | なかなか良いじゃん! »

2013年11月17日 (日)

こんな事もやります

畳の張替えで伺うとたまに「畳がへこむから新しくして」・・・なんてことがあります。

ある一部の場所だけへこむ。

白アリに食われて畳床がボロボロになってへこむこともありますが、へこんだ所が戻る場合はたいがい床板が悪い。

それもコンパネを使った床。
杉板ではよほど湿気が多い場所ならともかく、そうなるもんじゃあない。

で、今回は畳替えといっしょに床板の張替えも施工しました。
普通は大工さんの仕事ですがヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

築30年も越えるとコンパネはだんだんと「生」が無くなってペナペナになります。合成糊でラワン合板の薄いのを何枚も張り合わせているので経年変化でそうなる場合もある。

特に、コンパネの出始めの頃のはそう。

それで、受けた以上畳屋としてもちゃんとした仕事をしなくてはならない^^;

ところが、これが難儀しましてcrying

手順としてはそれほど難しいことではありませんが、コンパネを剥がすのにかなり手間が掛かりました。

一般的に新築の場合、床は最初に張ります。
そのあと敷居や畳寄せを。

今回の場合は畳寄せの下に入りこんでいるコンパネがどうしても外せない場所がありまして、ドリルで揉んで回し引きでそこを逃げて切るという高度な技を使いました(笑)

冬なのに汗びしょびしょ!

S2013110157

他にもクギがなかなか抜けなかったりと予想以上の時間が掛かりました。

S2013110156

ある意味、ヘタな大工さんより上手くできたような^^;

床を張り終えたのは・・・外が真っ暗な時間!

S2013110158

S2013110169

それから畳の敷き込み。
かなりの手直しをした畳はまずまずの納まりでした。

S2013110173

今回使った畳表は熊本の生産農家が作った「麻引き」。
対価格からみても十分な商品だと思います。

|

« 新草入荷 | トップページ | なかなか良いじゃん! »

★タタミの事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211488/58592636

この記事へのトラックバック一覧です: こんな事もやります:

« 新草入荷 | トップページ | なかなか良いじゃん! »